『凪のお暇』作者の人気漫画『ひとりで飲めるもん!』実写化 主演は大政絢

拡大画像を見る

『凪のお暇』や『珈琲いかがでしょう』などで知られる、漫画家のコナリミサトさんの『ひとりで飲めるもん!』が、WOWOWで実写ドラマ化されることが決定しました。

『ひとりで飲めるもん!』は、誰もが振り返る美貌の持ち主であり、キャリアウーマンの主人公・紅河メイが、安価なチェーン店で一人飲みを楽しむ、グルメストーリー。

紅河メイ役に、モデルで女優の大政絢さんを迎えたほか、大友花恋さんや、谷村美月さん、さらには紫吹淳さんなど、新旧の実力派が脇を固めます。

なお、主題歌は『SPiCYSOL』が担当し、最終話にはゲスト出演もするとのこと。

ドラマに登場するチェーン店は、実在する店舗が撮影に協力しており、ドラマを見た後には自分も紅河メイのように一人飲みに挑戦したくなることでしょう。

テレビドラマ『ひとりで飲めるもん!』は、2021年6月4日からWOWOWにて配信・放送開始予定。

「私も食べることが大好き!お酒を飲むことが大好き!それを息抜きや頑張る糧にしているタイプなのでとても共感しながら演じました!」と語る大政さんの演技はもちろん、仕事にプライベートに一生懸命な主人公の姿にも注目です。

[文・構成/grape編集部]

出典 ひとりで飲めるもん!

関連リンク

  • 5/19 19:05
  • grape

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます