【全種類レポ】ローソンの冷凍スイーツは解凍も罪悪感もなし☆ 手間とカロリーとおいしさの全てを叶えてくれるよ…!

拡大画像を見る


食べたいときにすぐ食べられて、しかも罪悪感も少なくて、なおかつおいしいスイーツないかしら〜?

そんな欲望詰め合わせパック的ワガママを叶えてくれるのが、ローソンから発売された冷凍スイーツたち!

なんと解凍せずにそのまま食べられちゃう(!?)だけでなく、カロリーも驚きの低さだと話題なのです。いやいや本当にそんなうまい話があるのか……⁉︎

ということで早速、新しく発売された3種類全て食べてみましょうッッ。

 【3種類どれも解凍いらずなのだ】

今回食べてみるのは「ドライフルーツとナッツのカッサータ」、「ティラミス」、「アップルパイ」の全3種類。

ふむふむ、確かにパッケージにも「レンジ調理不可」、「冷凍庫から出してすぐ食べられる」との記載があります。

 【カッサータは食感も楽しめて高見え度NO.1】

まずは「ドライフルーツとナッツのカッサータ」から。
スポンジ、クリームの2層の上にドライフルーツとナッツがトッピングされており、見た目のオシャレさにテンション上がりますっ。
冷凍庫から出してすぐでもカチカチではなくフォークでサクッとカットできる固さ

ひとくち食べてみると、ひんやりしたリコッタチーズクリームがスッと溶けてとっても爽やか! トッピングの存在感も大きく、ベリーの甘酸っぱさとナッツの香ばしさや食感が最後まで楽しくてぺろっと食べてしまいました。
冷凍なのにスポンジがフワフワと軽い食感なのが不思議〜〜!

【夏でもおいしく食べられるティラミス】

続いてはおなじみの「ティラミス」を。冷凍庫から出してすぐは完全にアイスティラミスです。
マスカルポーネクリームのコクとコーヒーシロップ、ココアパウダーのほどよい大人味がマッチしていて、小ぶりながらもスイーツ的満足感は120億点。
暑い季節には重たくなりがちなティラミスですが、冷たさがクリームのこってり感を抑えてくれるので、これからの季節でもガンガン食べられそうです。
ただし食べやすい分苦みなどのアクセントは弱め。解凍が進むとクリーム感も強まるので、さっぱり食べたい人は冷たいうちに一気に食べちゃうのがベターかも。

【アップルパイはホイップクリーム入りだよ】

最後に、冷凍でそのまま食べられちゃうというのが1番衝撃的だった「アップルパイ」です。

袋から出してみると、パイ生地の層が1枚1枚しっかりしていてびっくり。本当に今出したばっかりだっけ…⁉︎
パイ生地はしっとりした食感。焼きたてのサクサクはありませんが、中に入ったホイップクリームの冷たさが超絶妙で、まさに“新感覚アップルパイ”という印象です。
なによりアップルパイに生クリームを添えるスペシャルなあの味がワンハンドで叶ってしまう喜び……!

リンゴも大きめにカットされているので食べ応えバツグンです♪

【このおいしさで罪悪感も低いのです】

そして前述の通り、この冷凍スイーツたちの驚くべき点はカロリーが抑え目だということ!

ティラミスは1個116kcal、アップルパイは1個155kcal、ドライフルーツとナッツのカッサータに関してはなんと1個84kcal‼︎

ひゃーー! 神よ、こんなことが許されるのでしょうかッ⁉︎
どれもちゃんと甘さやクリーム感があるのになぜ、なぜなんだーー!

満足感は高く、罪悪感は低め。こんなスイーツ、冷凍庫にストックしておかない理由がないではないか……。

【どれもリピート確定だよ〜〜】

お値段は全て399円(税込)。

ちなみに3種類どれもウマイが止まらなかったのですが、あえての個人的NO.1はアップルパイ☆

食べ慣れた存在だったからこそ、冷凍&クリーム入りの新鮮なおいしさに感動してしまいました。

ストックしておいてすぐ食べられる便利さは革命的! おうちの冷凍庫スペースを整理して、ローソンへGOGO〜〜☆

参考リンク:ローソン(1)(2)(3)
撮影・執筆:にのうでプニ子
Photo:(c)Pouch

関連リンク

  • 5/19 12:45
  • Pouch

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます