メイソン暫定監督、ケインの去就に言及…退団要求は「私が知る限りではない」

拡大画像を見る

 トッテナムを率いるライアン・メイソン暫定監督が、同クラブに所属するイングランド代表FWハリー・ケインの去就に言及した。18日、イギリスメディア『Football London』が伝えた。

 ケインは今シーズンのプレミアリーグで22ゴール13アシストを記録し、リーグの得点ランクとアシストランクでトップに立っている。しかし、トッテナムが今季も無冠に終わり、ケインは今夏の移籍が噂されるように。そんななか、イギリスメディア『スカイスポーツ』など現地の各メディアは17日、メジャータイトル獲得を望むケインが、今季限りでの退団希望をトッテナムに伝えたと報道していた。

 メイソン暫定監督は18日、ホームサポーターを迎えて行われるプレミアリーグ第37節アストン・ヴィラ戦の前日会見に出席。メイソン暫定監督に対してはケインに関する質問が多数届いたが、同監督は核心への言及を避け、ケインがチームと同様に目の前の試合に集中していることを強調した。

「ハリーとは毎日のように話している。この仕事に就く前も、毎日のようにハリーと話していた。私たちが話し合ったのは、明日の試合のことと、週末のウルヴス戦のことだけさ。彼も含め、私たちは皆、興奮している。ファンの皆の前でプレーしたいんだよ」

「最高の選手の周りには、常に憶測が飛び交う。ここ3、4週間は、新監督の就任についての憶測が飛び交い、疑問符がついていた。ビッグクラブにいれば、それは当然のことだ。私たちの焦点は、ずっと言ってきたように、次の試合にある。私の心はそこから離れていないし、ハリーもそうだと思う。グループの他のメンバーも、一人一人の心がそこから離れていないのは確かだ。私たちは勝ち点3を得るために努力しなければならない」

「(ケインのタイトルを求めて退団したいという決断を理解しているか?)憶測という意味では、私はコメントすることができない。というのも、すべてが仮定の話であり、多くのことの結果がわからないからだ。私が知っている限りでは(ケインの退団要求は)確認していない。このような憶測が飛び交っているが、私がハリーと話したのは、先日の試合のことと、明日の試合の準備のことだった。だから、わからないんだ」

関連リンク

  • 5/18 23:58
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます