【自分を見るのは"拷問"?】「自分の映画は見ない」主義のスターたち 9選

拡大画像を見る

ハリウッドスターなら自分の出演作をチェックしていると思ったら、それは大間違い!?中にはプレミア上映から抜け出したり、モニターの自分を見るだけでパニックになるセレブもいたりと、自分が演技する姿を見るのは簡単なことではないよう。そこで当記事では、自分の映画は見ない主義のスターを9人ご紹介します!

アダム・ドライバー

LOS ANGELES, CALIFORNIA - JANUARY 19: Adam Driver attends the 26th Annual Screen Actors Guild Awards at The Shrine Auditorium on January 19, 2020 in Los Angeles, California. (Photo by Rich Fury/Getty Images)

かねてから、自分の出演作を観るのが苦手なアダム・ドライバー。2019年にはラジオ番組の収録中に、映画『マリッジ・ストーリー』で彼が「Being Alive」を歌うシーンを流され、突如退席したことで話題となった。

『ブラック・クランズマン』のプレミア上映ではレッドカーペットを歩いていたが、実は映画館の照明が落ちた後、こっそり会場を抜け出していたというから驚きだ。

しかし『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』だけは例外で、自分が演じたカイロ・レンを観るよう強いられたアダムは気分が悪くなってしまったそう。エンドロールで観客がショックを受けていたのを見て、その場で「吐きそうになってしまった」とGQに語っている。

ホアキン・フェニックス

BEVERLY HILLS, CALIFORNIA - FEBRUARY 09: Joaquin Phoenix attends the 2020 Vanity Fair Oscar Party at Wallis Annenberg Center for the Performing Arts on February 09, 2020 in Beverly Hills, California. (Photo by Toni Anne Barson/WireImage)

2015年のインタビューで、自分の出演作は『ザ・マスター』と『her/世界でひとつの彼女』の2本しか観ていないと明かしたホアキン・フェニックス。

「私は、カメラに映っている自分を見たいとは決して思いません……。もちろん、一瞬興味を持つこともありますが、常に「ダメだ」と自分に言い聞かせています。なぜなら、それは自分にとって何の価値もないし、むしろ今後の仕事に悪影響を及ぼす可能性の方が高いと分かっているからです。」と、その理由を語っている。

ジョニー・デップ

ZURICH, SWITZERLAND - OCTOBER 02: Johnny Depp attends the "Crock of Gold: A few Rounds with Shane McGowan" premiere during the 16th Zurich Film Festival at Kino Corso on October 02, 2020 in Zurich, Switzerland. (Photo by Andreas Rentz/Getty Images for ZFF)

自分の映画を観ないことで有名なジョニー・デップ。2009年に映画『パブリック・エネミー』の宣伝ため『The Late Show』に出演した際、実は同作を見ていないことを告白した。

「ある意味、映画で自分の仕事が終わってしまえば、もう自分には関係ありません。私はできる限り完成作から離れています。自分を見るのは好きではありません。」と話し、自分よりも子供達の方が多くの出演作を見ていると話した。

ニコール・キッドマン

LOS ANGELES, CALIFORNIA - JANUARY 19: Nicole Kidman attends the 26th Annual Screen Actors Guild Awards at The Shrine Auditorium on January 19, 2020 in Los Angeles, California. (Photo by Axelle/Bauer-Griffin/FilmMagic)

2009年のインタビューで、今までに観た自分の映画は2作だけと明かしたニコール・キッドマン。

ヒュー・ジャックマンとの共演作『オーストラリア』のプレミアに参加した際は、「この映画を観て、自分の演技に誇りが持てなかった。席に座ってキース(夫)を見て、"私はこの映画の中で少しでもいい存在なの?"と思った」と自身を酷評。上映が終わると、すぐに夫と娘を連れてオーストラリアから出国したそう。

「私は普段、自分の映画を観ないのですが、バズ(ラーマン監督)のために観たのです。あとは『ムーラン・ルージュ』も観ました。私のキャリアの中で、本当にあの作品と本作しか観たことがありません。」と、自分が出た映画はラーマン監督の2作しか観ていないことを明かした。

ヘレナ・ボナム・カーター

LOS ANGELES, CALIFORNIA - JANUARY 19: Helena Bonham Carter attends the 26th Annual Screen Actors Guild Awards at The Shrine Auditorium on January 19, 2020 in Los Angeles, California. (Photo by Axelle/Bauer-Griffin/FilmMagic)

「自分が出演している作品は絶対に観ない」と米Telegraphに明かした、ヘレナ・ボナム・カーター。
「来年も全く同じ役を演じるわけではありませんから、何の意味もありません。私が芝居を好きなのは、自分で演じることが好きだからなのです。」とその理由をハッキリ述べている。

ジャレッド・レト

LOS ANGELES, CALIFORNIA - NOVEMBER 02: Jared Leto attends the 2019 LACMA Art + Film Gala Presented By Gucci on November 02, 2019 in Los Angeles, California. (Photo by Axelle/Bauer-Griffin/FilmMagic)

『ダラス・バイヤーズ・クラブ』でアカデミー賞助演男優賞に輝いた、ジャレッド・レト。しかし同作の「自分を見たことは一度もない」という。

「その演技はいまだに見たことがないし、だからといって観客に与える影響の妨げにはならなかった。それが1番重要なことだと思う。自分がどう見えるかとか、何が効果的で何が効果的じゃなかったかにこだわらず、自由になりたいんです。」とコメント。さらに、「自分自身をそんなに見たい人いないでしょう。脚本を読んだから、何が起きたかわかってますし。」と語っている。

ミーガン・フォックス

LOS ANGELES, CALIFORNIA - DECEMBER 09: Megan Fox attends the PUBG Mobile's #FIGHT4THEAMAZON Event at Avalon Hollywood on December 09, 2019 in Los Angeles, California. (Photo by Rodin Eckenroth/Getty Images)

自分の出演作を観ることについて「ほとんどの俳優は不安を抱えていると思います」と米Cosmopolitanに語った、ミーガン・フォックス。しかし彼女にとって、その不安は「ちょっと居心地が悪い」レベルを超えて、精神的なストレスになっているよう。

場面写真にうつる自分すら見られないフォックスは、「部屋の中にモニターがあるとパニックになります。すぐに不安発作を起こしてしまうんです。」と告白。また、『トランスフォーマー/リベンジ』を観ることができたが、そのためには大量のシャンパンが必要だったそう。

ジュリアン・ムーア

NEW YORK, NY - AUGUST 07: Julianne Moore at Build Studio on August 7, 2019 in New York City. (Photo by Jason Mendez/Getty Images)

2013年のインタビューで、「自分の映画を一度も観たことがない」と話したジュリアン・ムーア。「試写会などで座っていることもできません。私は映画を見るよりも、映画の中にいる方が好き。完成した作品を見るよりも、出演することに大きなスリルを感じるのです。」と英Daily Expressに語っている。

リース・ウィザースプーン

LOS ANGELES, CALIFORNIA – APRIL 25: Reese Witherspoon, earing detail, attends the 93rd Annual Academy Awards at Union Station on April 25, 2021 in Los Angeles, California. (Photo by Chris Pizzello-Pool/Getty Images)

トーク番組『Chalsea Lately』で、自分を見るのは“拷問”だと表現したリース・ウィザースプーン。「自分を見ていい気分になる人はいないと思います。誰もいないでしょう?拷問ですよ。自分がバカなことをしているところや、誰かのふりをしているところを、どうして見たいと思うんですか?」と語った。

関連リンク

  • 5/17 19:00
  • 映画board

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます