「松本零士さんが手がけたMVが…」GRANRODEO・KISHOWが選んだ“近未来”を感じる1曲とは?

拡大画像を見る

アニソンの枠を超えて活躍する実力派ロックユニット“GRANRODEO”のボーカル・KISHOW(谷山紀章)とギタリスト・e-ZUKA(飯塚昌明)がパーソナリティを務めるTOKYO FMの番組「GRANRODEOのまだまだハートに火をつけて」。5月11日(火)の放送は“バーチャル・リアリティ”をテーマに、2人が“近未来”を感じていた懐かしい洋楽ナンバーを紹介しました。


(左から)KISHOW、e-ZUKA



◆KISHOWが“バーチャル・リアリティ”を感じる1曲:「Digital Love」(ダフト・パンク)

KISHOW:僕はやっぱり世代的にもダフト・パンクかな。「One More Time」が有名ですよね。

e-ZUKA:松本零士さんね!(※「One More Time」のMVは、松本零士さん制作のオリジナルアニメ)

KISHOW:だけど今回は「One More Time」じゃない曲を。同じアルバムに入っている「Digital Love」というのがありまして。その曲も松本零士さんが手がけたMVがありましたが、僕はどっちかというと「Digital Love」のほうが好きで、歌パートが終わった後のアウトロになってからが、けっこう好きです(笑)。

e-ZUKA:じゃあそこから聴きますか(笑)。

KISHOW:いやいや(笑)。

――ここで「Digital Love」(ダフト・パンク)をオンエア。

e-ZUKA:なるほど、やっぱり近未来の感じがしますよね。

KISHOW:(ダフト・パンクは)今年に解散しましたが、最初から最後までそういうコンセプトでしたね。

e-ZUKA:俺、ダフト・パンクに、シックのナイル・ロジャースが入っているのが好きだったな。

KISHOW:もともと(ダフト・パンク)はロックの人たちだったらしいのですが、1枚目のアルバムが酷評されて“ハウスに舵を切ってやる!”という開き直りからできたユニットだそうです。ダフト・パンクというユニット名も、そのときに酷評したイギリスかどこかの人が言った悪口から取ったみたいです。「その響き気に入った! バンド名にし~ちゃお♪」みたいなところもいいですよね。

◆e-ZUKAが“バーチャル・リアリティ”を感じる1曲:「You Might Think」(カーズ)

e-ZUKA:(80年代に)「MTV」が始まったじゃないですか? (チャンネルを観ていくなかで)“近未来の映像だな”って思ったのが、カーズの「You Might Think」。リック・オケイセック(Vo.)の眼鏡が大きくなっちゃったり、ハエになって飛んでいったり……すごいMVで。

KISHOW:うん。

e-ZUKA:ラジオ番組にあるまじき「MVを観てほしい!」っていう曲です(笑)。しかも、1984年の「第1回MTVビデオ・ミュージック・アワード」最優秀ビデオ賞の曲なんですよ。他にノミネートされていたのが、マイケル・ジャクソンの「Thriller」、シンディ・ローパーの「Girls Just Want to Have Fun」、ハービー・ハンコックの「Rockit」、ポリスの「Every Breath You Take」なんですけど、「Thriller」のMVも映画みたいですごかったよね。

KISHOW:うん、すごかった。

e-ZUKA:ただ、あの曲は本当に映画みたいな感じで、“バーチャル・リアリティ”というテーマだと、やっぱりカーズかなと。

――ここで「You Might Think」(カーズ)をオンエア。

KISHOW:“曲は聴いたことがある”っていう人もいるかもしれないですね。

e-ZUKA:いいですよね。あと、初めて“コンピュータグラフィックス(CG)”が使われた作品の1つらしいです。

KISHOW:これが最初なんですね。この(曲中に流れていた)“ピコピコ”のような80年代特有の音を使って、今の若い子らが曲を作ったりしてるよね。

e-ZUKA:ダフト・パンクも、80年代のニュー・ウェイヴをオマージュしているところがあるわけでしょ?

KISHOW:そうですね。

e-ZUKA:(やっていることは今と)変わらないよね。

KISHOW:「You Might Think」なんて、今風の音でカバーしたら“なんか違う!”ってなっちゃう気がするよね(笑)。洗練されているんだけど“これじゃない感”みたいなのが出てきそう。

e-ZUKA:昔は機械のような感じを出すためにエイトビートも機械のように叩いてた。

KISHOW:(鼻歌でC-C-Bの「Romanticが止まらない」を歌いながら)これもそうでしょ?

e-ZUKA:そうですね。現在は機械で、生でバンドが演奏しているかのように再現するから。

KISHOW:すごいな。音楽は面白いなぁ~。

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2021年5月19日(水)AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ((無料))が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:GRANRODEOのまだまだハートに火をつけて
パーソナリティ:GRANRODEO(KISHOW、e-ZUKA)
放送日時:毎週火曜21:00~21:30
番組Webサイト:http://mv-sp.gsj.bz/view.page/menu/program/gr/mada2/top

関連リンク

  • 5/18 19:00
  • TOKYO FM+

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます