吉川ひなの、“壮絶半生”の次は法廷トラブル!一躍「時の人」で注目度急上昇!!

拡大画像を見る

 10代前半でデビューし、“8等身美少女”としてかつて若者たちから絶大な支持を受けたタレント・吉川ひなの(41)が今、再び注目を集めている。

 現在はハワイで家族と暮らし、第3子を妊娠中の彼女。今月13日にはエッセイ本『わたしが幸せになるまで』(幻冬舎)を発売したほか、ナチュラルコスメの製造・販売を行う「株式会社アマラ」の社長に就任したことが発表されるなど、ここ最近吉川の姿をメディアで頻繁に見かけるようになった。

「彼女が“両親に稼いだお金を搾取され続けていた”という壮絶な過去を告白したエッセイ本は、発売前から話題を呼び、複数回の重版がかかるなど好調な売れ行きを見せています。

 もともと、インスタグラムを通じてかいま見えるハワイでのナチュラルな暮らしぶりや、2児の母となっても変わらぬ圧倒的スタイルが同世代女性を中心に支持を集めていましたが、最近はネットニュースで取り上げられることも増え、先日も子育てに関する持論が賛否を呼ぶなど、彼女自身に対する世間の関心が高まってきています」(女性誌記者)

 そんな一躍「時の人」となった吉川に関する、新たな報道が飛び込んできた。

■吉川ひなの、“総額約3,000万円”の支払いを求め裁判へ

「5月18日発売の『FLASH』(光文社)が、吉川がある法廷闘争に関与していることを伝えています。彼女が社長に就任した『株式会社アマラ』と吉川自身が、『一般社団法人日本化粧品協会』を相手どって“総額約3,000万円”の支払いを求める裁判を起こしたというんです。同協会から、吉川がプロデュースした化粧品の成分表記に誤りがあることを指摘されたそうなのですが、吉川側はその内容は虚偽であると主張。吉川側は同協会宛てにたびたび成分の内容証明を送ったといいますが、一向に認められる動きがなかったために提訴に至ったそうです」(前出の女性誌記者)

 件の協会ホームページには、商品に関する注意喚起とともにプロデュースした吉川の写真もあわせて掲載されていることから、吉川側は“名誉毀損”や“著作権侵害”に関しても主張しているという。

「こうして週刊誌に取り上げられなければ、大半の人は彼女のプロデュース商品にこのような指摘があったこと自体に気がつきません。≪3,000万円請求≫とでかでかと出てしまうと、なんだかお金が目的のような印象も与えかねませんし……。今またせっかくいい感じに注目を集めているわけですから、あえて裁判沙汰にしなくてもとは思いますが、順風満帆だからこそ、今のうちにトラブルの芽をつぶしておきたいという気持ちなのかもしれませんね」(前同)

 ここにきて注目度が急上昇している吉川。問題をオールクリアにして、“主婦のカリスマ”として本格帰還する日も近い!?

※画像は吉川ひなののインスタグラムアカウント『@hinanoyoshikawa』より

関連リンク

  • 5/18 14:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • ソフィア

    5/19 11:02

    IZAMも過去の人か

記事の無断転載を禁じます