涙を流すムーミン描く…芸術への思い垣間見える『TOVE』特報映像

拡大画像を見る

「ムーミン」の作者であるフィンランドの作家トーベ・ヤンソンの半生を描いた『TOVE/トーベ』(原題:TOVE)が、10月1日(金)に日本公開決定。特報映像とシーン写真も到着した。



トーベ自身の人生からインスピレーションを得て生み出されたムーミンたちの冒険は、彼女に国際的な名声と自由をもたらし、今日においても世界中の人々を楽しませ続けている。戦時中、防空壕の中で怯えた子どもたちに語った物語から、いかに原作が執筆され、ムーミンのキャラクターたちが生み出されていったのか。トーベの人生のあり方と共に、創作への情熱を描く本作。


到着した特報映像では、つけペンでムーミンを描き上げていくトーベの手元と真摯な表情が映し出される。さらにムーミンに涙を付け足し、彼女の芸術への思いの強さが感じられる。


また、劇場で上演されるムーミンの舞台の稽古を見守る姿や、ムーミンの絵型を影絵で映し出し、ストーリーを生み出していく様子が切り取られているシーン写真も公開された。


『TOVE/トーベ』は10月1日(金)より新宿武蔵野館、Bunkamuraル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国にて公開。

(cinemacafe.net)


■関連作品:
TOVE(原題) 2021年秋より新宿武蔵野館、Bunkamura ル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国にて公開
© 2020 Helsinki-filmi, all rights reserved

関連リンク

  • 5/18 13:00
  • cinemacafe.net

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます