G-SHOCK初のWear OS by Google搭載スポーツスマートウオッチ「G-SQUAD PRO」

拡大画像を見る

 カシオ計算機は、耐衝撃ウオッチ「G-SHOCK」のスポーツライン「G-SQUAD」から、マルチスポーツ対応の機能・仕様を備えたWear OS by Google搭載スマートウオッチ「G-SQUAD PRO GSW-H1000」を5月15日に発売する。価格は8万8000円。

 耐衝撃構造や20気圧防水といったG-SHOCKの特徴はそのままに、Wear OS by Googleを初搭載したスマートウオッチ。心拍計測が可能な光学式センサー、方位・高度/気圧・加速度センサー・ジャイロセンサー、GPS機能を搭載し、距離、速度、ペースなど運動をサポートするデータの計測が可能。スポーツに特化した「G-SQUAD」シリーズの最上位モデルとして、ランニングや屋内ワークアウト、ロードバイク、屋内スイミングをはじめ、サーフィン、スノーボードなどのエクストリームスポーツまで、幅広いシーンで活躍する。
 表示部は、カラーディスプレイに、用途によって表示する情報を上中下の3段でカスタマイズできるインターフェースを採用した。機能面では、バイブレーター、マイク、充電端子、Bluetooth V4.2(Low Energy対応)、Wi-Fiに対応し、スマートフォンに届いた各種通知を表示やバイブレーターの振動で知らせる。
 ソフトウレタンバンドで、バンドとケースの間にも装着感を高めるパーツを採用するなど、使いやすさにもこだわった。カラーはブラック×ブルー、ブラック、レッドの3色。
 スマートウオッチのため、利用には、最新版のAndroidまたはiOSを搭載したスマートフォンが必要。専用アプリ「G-SHOCK MOVE」と連携すると、アクティビティの履歴や分析、進捗確認など、トレーニングに役立つさまざまなログをアプリ上で管理できる。加えて、別売アクセサリのモーションセンサー「CMT-S20R-AS」、Wear OS by Google用アプリ「Runmetrix」(6月に提供予定)と組み合わせると、ランニング時のフォームチェックが可能。バッテリ持続時間は通常使用で約1.5日間。

関連リンク

  • 5/18 12:00
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます