おうち時間が長いから、ピューロランドのキャラクターカレーを作ってみた

拡大画像を見る

こんにちは、シティリビング編集部のホピ子です。

サンリオキャラクターでおなじみの「シナモロール」「マイメロディ」。サンリオピューロランドではこれらのキャラクターをモチーフにしたカレーが食べられることで有名ですが、このたび「シナモロール空色ほたてカレー」と「マイメロディピンクチキンカレー」がレトルトカレーとして登場! 家でも再現できるようになりました。

早速、おうち時間を使って2種類のキャラクターカレーを作ってみました。

カレーはレシピカードと紙ピックのセットつき


今回登場したキャラクターカレーのパッケージはこちら。調理見本の写真が載っていますが、どちらのキャラクターもかわいい! 箱の中にはレトルトカレーの他にレシピカード、紙ピックが入っていて、レシピカードにはカレーをかわいく盛り付けるコツや、SNSで投稿する際にオススメのハッシュタグが書かれています。

自分にここまでキレイにできるのか、いささか心配ですが、おうち時間を楽しく過ごすことが一番の目的。失敗を恐れずにやってみたいと思います。


(c) 2021 SANRIO CO., LTD. TOKYO, JAPAN 著作 株式会社サンリオ

材料を準備して、早速チャレンジ!



まずはシナモロールから。レシピカードの盛り付け例を見ると「雲ははんぺん」「口と目はチョコペン」と書いてありますが、なるべく家にあるものを利用しようと思い、雲にかまぼこ、口に海苔、目に枝豆を使ってみました。耳にナン、頬にハムを使ったのは盛り付け例の通り。

カレーを皿にそっと流し入れ、その上に顔となるご飯を置きます。顔のパーツに使う海苔やハムは調理用バサミを使ってチョキチョキと切っていくのですが、この作業がけっこう難しい(けど楽しい)! 何度か失敗しながら、セットに入っている紙ピックも使って仕上げました。


んー、ご飯はもうちょっと表面をキレイにして、きちんとした楕円にしたかった…などの反省点はいくつもありますが、修正しようとすればするほどカレーの色が回りの具材についてしまいそうで怖かったので、これ以上いじらない方が良さそうだと判断。この状態で完成としました。

枝豆を使ったから目も青ではなく緑色だし、シナモロールとは少し違うような気もしますが、それでもかわいくできました。その反省を踏まえつつ、次はマイメロディを作ってみます。

先ほどと同じく、カレーを流し入れた後にご飯を置き、耳にはハム、鼻にはチーズ、目と口には海苔を配置していきます。こちらはすべて盛り付け例通りの具材を使うことができました。


顔部分のご飯はラップに包んで表面を整えたから、さっきよりはきれいにできたかも?…と思いつつ、どこかマイメロディに見えないのは気のせいでしょうか? キャラクターって目鼻口のバランスがキモなのだと改めて実感。でも、そんなところも含めて楽しめるのが魅力です♪

2つ作り終えたところで早速試食してみます。「シナモロール空色ほたてカレー」はピューロランドで大人気のブルーカレーの色味をそのまま再現しているそう。ブルーカレーって食べたことがないので、どんな味なんだろうとドキドキしながら食べてみましたが…あら不思議! ほたての風味豊かな味わいが特徴の、おいしいカレーでした。「マイメロディピンクチキンカレー」は柔らかい鶏肉が入っていて、スパイシーな味わい。

今回紹介したカレーは現在「Sanrio Puroland Online Shop」にて販売中。
※ピューロランド内でも販売予定。詳細については決まり次第HPでお知らせするとのこと ※ピューロランドの営業状況については、状況に応じて変わる場合があります。事前にHP等で確認してください

長いおうち時間を使って、ピューロランド気分を味わいながらキュートなカレーを楽しんでみてはいかがでしょうか。

関連リンク

  • 5/18 11:50
  • シティリビングWeb

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます