玉ねぎ1玉ペロリといける! 醤油醸造所が作る「たまねぎのためのステーキたれ」が秀逸

 寛政7年創業、兵庫県龍野市にある醤油醸造所『日本丸天醤油』。関西圏の家庭ではお馴染みの淡口醤油を作り続けている老舗です。食材の味わいを“引き立てる”ことに精通している『日本丸天醤油』が、インターネット限定で販売し、話題をよんでいるのが「たまねぎのためのステーキたれ」です。

 この商品は、同社がパーソナリティーを務めるラジオ番組「kiss FMKOBE」の「はい、こちらひょうご食材 丸天開発室です」に寄せられたリスナーの意見を取り入れて作られました。

 兵庫の地元食材である「たまねぎ」を美味しく食べるために開発。ボルドーワインとバルサミコ酢をベースに作った、香り豊かで、コクと酸味のバランスの良い調味料です。ということで、輪切りの玉ねぎを用意して、早速調理してみました。

「たまねぎのためのステーキたれ」で「たまねぎステーキ」を作ってみた

 たまねぎステーキといえば、ステーキの付け合わせのような脇役的な存在で、ダイエット食のイメージもありますが、このタレの力でどこまで主役級のテイストになるのか楽しみですよね。

 たまねぎをフライパンで焼き、表面に焦げ目がついたらタレをかけて、蓋をして弱火で蒸し焼きにしてみました。見た目はこってりとしていて、照り焼き風の色合い。蒸し焼きにしたので、柔らかくて瑞々しい!

 バルサミコの風味と酸味が絶妙です。タレ自体も甘いのですが、たまねぎの甘みと相乗効果を生み、とても食べやすくなりました。これは鶏肉に絡めても相性が良さそうです。

 このタレを使うだけで、たまねぎを1玉ペロッと食べられる秀逸な味付けに!数量限定品なので、気になる方はぜひともお試しください。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 5/18 10:48
  • 食楽web

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • 焼いたタマネギ美味いよね♪、てか、こんがり焼いた野菜も肉もシンプルに美味いよね♪、そこに良いタレ付けたらそりゃ美味いよなあ◎

記事の無断転載を禁じます