レース復帰! 近藤真彦「ジャニーズ退所と東山紀之の激辛コメント」裏の裏

拡大画像を見る

 4月30日付で所属していたたジャニーズ事務所を退所した近藤真彦(56)。近藤は2020年11月に長期にわたる不倫が報じられ、無期限の芸能活動自粛処分となっていた。

※動画は「taishu.jp」で

 そんな近藤は5月16日、自身のレーシングチーム「KONDO Racing」の監督として指揮するために、大分に到着。空港で取材に応じ、ジャニーズの後輩に対して「本当に出来の悪い長男でした。もう少し後輩にも頼られるような先輩でいたかった」と語った。

 そんな近藤の退所劇について、このほど大人気企画『日刊大衆プレゼンツ 芸能ぶっちゃけ座談会』で徹底分析された。

 座談会では、近藤が芸能活動以外に熱中している「あの活動の今後」について、また辞めてからも関係が残る事務所から支払われる「驚きの報酬」について、さらに今までは考えられなかった後輩からの「厳しすぎる一言」についても話はおよび、白熱のトークが展開された。

 出演は、ソーシャルタレントプロデューサーの加藤朱梨さん、芸能リポーターの佐々木博之氏、またメディアジャーナリストの浦憲三氏が音声のみで参加し、司会と進行をAKB48の論客として知られる芸能評論家の三杉武氏がつとめた。

 その気になる内容については、以下の動画でぜひご確認を!

https://youtu.be/2Ghh88Cw8Gk

関連リンク

  • 5/17 21:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1

記事の無断転載を禁じます