福原遥、アニメ版に続き“子安つばめ”役に『かぐや様は告らせたい』ファイナル舞台は体育祭&文化祭

拡大画像を見る

「King & Prince」平野紫耀と橋本環奈で、「好きになったほうが負け!」の恋愛頭脳戦を再び繰り広げる『かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~ ファイナル』。この度、福原遥がアニメ「かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~」に続き、皆の憧れの存在である“子安つばめ”を演じることが明らかになった。



子安つばめは、体育祭の応援団副団長を務める秀知院学園高等部3年。後輩からも慕われる学園のマドンナで、付き合うことが難しい“難題女子”の1人に数えられる人気キャラクター。


そんな彼女を演じる福原遥が、アニメ版子安つばめ役として初登場した際には、「イメージにピッタリ!」「最高にドンピシャ!」と原作ファンから賞賛の声が続出。そんな彼女が声での出演だけでなく、ついにスクリーンで子安つばめを演じることに。

実写での出演が決まった福原さんは「アニメだけでなく実写にも出演することが出来るなんて凄く光栄ですし、大好きなつばめちゃんを演じられる喜びを全身で感じています。魅力的なつばめちゃんを皆様にお届けできるよう頑張ります!」とコメント。


さらに今作で初登場となる秀知院学園高等部3年、体育祭で応援団長を担う風野役に、現在放送中の大河ドラマ「青天を衝け」に出演中の板橋駿谷、そして中等部時代の石上(佐野勇斗)と同級生だった荻野コウ役には「仮面ライダーゼロワン」で注目され「着飾る恋には理由があって」にも出演中の高橋文哉を迎える。

前作から続投のキャストらに加え、注目を浴びる新キャストたちが加わった本作。さらに、今回、白銀とかぐやの恋愛頭脳戦の舞台となるのは、原作でも特に人気エピソードとして名高い体育祭&文化祭のエピソードであることが判明。


体育祭では石上の知られざる過去に迫り、石上が青春を嫌うようになったきっかけ、そして石上と白銀、かぐやの出会いが明らかに。自身の過去に立ち向かう石上の姿に思わず涙!? その全貌が実写版でも描かれていく。

そして、白銀とかぐやの恋愛を大きく左右させる文化祭のエピソードも登場。“ハートの贈り物をすると永遠の愛がもたらされる”という伝説がある文化祭で、白銀とかぐや、両者の企みが交差する――。

『かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~ ファイナル』は8月20日(金)より全国東宝系にて公開。

(text:cinemacafe.net)


■関連作品:
かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~ ファイナル 2021年8月20日より全国東宝系にて公開
ⓒ2021『かぐや様は告らせたい2』製作委員会  ⓒ赤坂アカ/集英社

関連リンク

  • 5/17 12:00
  • cinemacafe.net

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます