ジョンリーパーがフェアウェイS快勝 G1英ダービー5番人気に急浮上

 15日にニューマーケット競馬場で行われた3歳馬のLRフェアウェイS(芝10F)を、1番人気(2.5倍)のジョンリーパー(牡3、父フランケル)が快勝。6月5日にエプソム競馬場で行われるG1英ダービー(芝12F6y)へ向けた前売りで、オッズ8〜10倍の5番人気に急浮上した。

 G1英オークス(芝12F6y)やG1愛オークス(芝12F)に加え、京都競馬場のGIエリザベス女王杯(芝2200m)を10年・11年と連覇するなど、通算で6つのG1を制した名牝スノーフェアリーの3番仔となるのがジョンリーパーだ。母も管理したエドワード・ダンロップ厩舎に入厩した同馬は、1戦0勝で2歳シーズンを終えた後、今季初戦となったニューキャッスルの条件戦(AW10F42y)を4馬身差で制して初勝利を挙げていた。

 スローペースとなったLRフェアウェイSでは、フランケル産駒らしく前半を行きたがる素振りを見せたが、鞍上ウィリアム・ビュイックがなだめて5頭立ての4番手を追走。残り3Fでビュイックのゴーサインが出ると、母譲りの力強い末脚を見せ、2着以下に1.3/4馬身差をつけて優勝を飾った。

 ジョンリーパーという馬名は、エドワード・ダンロップ調教師の父で、ダービー2勝の伯楽ジョン・リーパー・ダンロップさん(18年7月に他界)への敬意を込めて命名されたものだ。

 日本にもゆかりのある血脈を持つジョンリーパーが、今後どこまで出世していくか、おおいに見ものである。

(文:合田直弘)

関連リンク

  • 5/17 11:30
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます