石原さとみ「4連敗」、川口春奈「大河台無し」…低視聴率女優「主演剥奪」ピンチ!!

拡大画像を見る

 2021年4月期の連続ドラマは中盤戦に突入してきている。

「ある程度話数を重ねてきて、作品の人気も分かってきました。今期では、竹野内豊(50)主演の『イチケイのカラス』(フジテレビ系)が4月5日放送の第1話で13.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯=以下同)を記録すると、5月10日放送の6話まですべて2ケタ超え。

 また、2005年に放送し大ヒットした阿部寛(56)主演の『ドラゴン桜』(TBS系)も4月25日放送の初回で14.8%と好スタートを切ると、5月2日の2話で13.9%、5月9日の3話で12.6%と高い水準をキープし続けています」(女性誌記者)

 今後どこまで数字が伸びるか期待が高まる作品がある一方、なかなか調子が上がらない作品もある。

「石原さとみ(34)主演の『恋はDeepに』(日本テレビ系)は4月14日放送の1話こそ10.5%と善戦したのですが、2話で8.9%に沈むと以降2ケタに再浮上することなく、5月12日の5話では7.7%まで落としてしまいました」(前同)

■斬新な設定で挑むも“4連敗の危機”

『恋はDeepに』は、2018年4月期の大ヒットドラマ『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)を手掛けた徳尾浩司氏が脚本を担当し、石原演じる海洋学者の渚海音(なぎさみお)と綾野剛(39)演じる巨大不動産企業「蓮田トラスト」の御曹司・蓮田倫太郎のロマンスを中心としたラブコメ作品だ。

「作品が始まる前は、学者の女性とツンデレ御曹司の凸凹カップルの笑える作品かと思ったのですが、いざ放送が始まると、そうでもなかった。

 恋愛だけでなく、美しい海岸を舞台にしたマリンリゾート開発事業をめぐる攻防や水質調査結果の偽装といった、環境問題にまつわるストーリーが盛り込まれています。また、石原が演じる海音の設定も魚などの水生生物と会話できるただの不思議ちゃんかと思ったら、実は海音そのものが人間ではないという展開になっていくんです。驚きの展開で、新鮮味もあり面白いのですが、途中から見るには少々苦しいかもしれません。

 石原は、純粋でちょっと抜けている、風変わりで周囲からは浮いたような女性、海音を好演。魅惑的な演技で見る者を引きつけてくれています」(テレビ誌ライター)

 斬新な設定の役を魅力的に演じているという石原だが、

「石原は数多くの作品で主演を務めているのですが、2018年7月期の『高嶺の花』(日本テレビ系)以降の主演作の平均視聴率が軒並み10%を割り込んでいて、今回の『恋はDeepに』も同様の結果になると、これで4連敗になってしまいますね」(前出の女性誌記者)

■背水の陣で挑む“火曜ドラマ”

『高嶺の花』が9.5%、2019年7月期の『Heaven? 〜ご苦楽レストラン〜』(TBS系)が8.6%、2020年7月期の『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』(フジ系)が9.6%と、直近の主演3作の全話平均視聴率が10%割れが続く石原。

 2018年9月発売の『女性セブン』(小学館)では、『高嶺の花』の打ち上げの席で石原が悔し涙をこぼしたと報じられている。

「平均視聴率 12.4%を記録した2016年10月期の『地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子』(日本テレビ系)のようなヒット作の実績もある石原ですが、4連敗ともなると、いよいよ主演女優から陥落するのでは、との声も聞こえてきます。

 しかも今回は、昨年6月期の『MIU404』(TBS系)に出演するなど、乗りに乗っている大人気俳優・綾野と共演しています。数字的にはかなり期待できる相手がキャスティングされながら沈んでしまうと、石原はいよいよ厳しい立場になりそうですね」(前出の女性誌記者)

 2021年4月期のドラマに背水の陣で挑んでいる女優は、石原だけではない。

「『着飾る恋には理由があって』(TBS系)で主演を務める川口春奈さん(26)ですよね。この作品は、2016年10月期の『逃げるは恥だが役に立つ』をはじめ、2020年1月期の『恋はつづくよどこまでも』などのヒット作を量産してきたTBSの看板枠の1つ『火曜ドラマ』で放送されている作品で、ドラマが始まるまではヒットの期待も高かったんです」(ワイドショー関係者)

■王道ラブコメでも数字にはつながらず

『着飾る恋には理由があって』は、インテリアメーカーの広報で、インフルエンサーとしても実力を発揮する川口演じる真柴くるみが主人公のラブコメ作品。当初、真柴は自身が務める会社の社長である、向井理(39)演じる葉山祥吾に思いを寄せていたのだが――。

「真柴はマンションの契約更新を忘れ、友人が所有するマンションで、横浜流星(24)が演じる料理人の藤野駿らとルームシェアを始めます。ストーリーの序盤では、反発しあっていた真柴と藤野ですが、ひとつ屋根の下で共同生活をし、徐々に距離が近くなっていく、というストーリーです。

 斬新な設定の『恋はDeepに』とは真逆の正統派のラブコメといった作品で、川口が演じる真柴も等身大の女性像になっています。ストーリーにそこまでひねった展開がないため、安心して見られる作品ですね。川口のキュートな演技も作品に華を添えています」(前出のテレビ誌ライター)

■“暗黒の作品”のトラウマを払拭できるか!?

 王道で攻める『着飾る恋には理由があって』だが、4月20日の初回で9.1%を記録すると、5月11日放送の4話まで一度も2ケタを超えていない。

「川口さんはヒロインとしての連ドラ出演はいくつかあったのですが、主演を張るのは、2013年10月期の『夫のカノジョ』(TBS系)以来久しぶりです。彼女はファンも多い人気女優ではあるのですが、これほどブランクが空いたのは『夫のカノジョ』の視聴率が壊滅的だったから、と言われています。

『夫のカノジョ』は木曜21時台のドラマながら、最高視聴率が2話の4.8%、5話では3.0%と、深夜番組かと目を疑うほどの数字を残してしまいました。真裏に、平均視聴率23.0%と驚異的な数字を残した米倉涼子さん(45)主演の『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』(テレビ朝日系)の第2シリーズが放送されていたので仕方がない気もしますが、この大失敗で、川口さんには“主演失格”という評価が下されてしまったようです」(前出のワイドショー関係者)

 そんな川口の転機となったのが、2020年のNHK大河ドラマ『麒麟がくる』だった。

「川口さんは、薬物事件で降板した沢尻エリカさん(35)に代わって、信長の妻・帰蝶を好演して大きな注目を集めました。ここでの活躍ぶりが認められ、『着飾る恋には理由があって』でようやく主演女優に戻れたんです。ただ、またここでコケてしまうと、大河での評価もむなしく主演クラスから再び陥落する、という可能性もありえるでしょうね」(前同)

 今回の王道ラブコメは、川口にとっては背水の陣なのだ。

「『恋はDeepに』にも『着飾る恋には理由があって』も、作品内容や役者の演技はかなり良いんです。ただ、面白さがなかなか視聴者に伝わっていないのか、現状、数字は厳しいですよね……」(同)

 両作ともまだまだ中盤。後半からの大逆襲に期待したい!

関連リンク

  • 5/17 7:10
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます