Hey!Say!JUMP・有岡&八乙女の結婚はいつ? 『突然ですが』で訪れたジャニーズの変革期

拡大画像を見る

 5月12日放送の『突然ですが占ってもいいですか?』(フジテレビ系)の冒頭、スタジオでMC・水野美紀が「Hey!Say!JUMPの有岡大貴さん、八乙女光さんが占ってもらいました」とアナウンス。

 このアナウンスに対して、同じくMCを務めるみちょぱが「良いんですか? ジャニーズさん……」と、これから占いで“丸裸”にされてしまうゲスト2人の身を案じた。

「確かにひと昔前から考えれば、アイドルのファンタジー要素がなくなってしまう可能性のある、占い番組に出ているのってすごいことですよね(笑)。特にみちょぱが言ったように、ジャニーズ事務所はアイドル帝国ですから、プライベート管理にも厳しいことで有名。また、ネットが盛んになった昨今では、SNSなどからジャニタレの私生活が流失し、ファンを悲しませる事案も続いてましたしね」(芸能レポーター)

 むしろ“占い番組”というフィルター越しであれば、ゲストのパーソナルな部分も披露しつつ、「あくまでうらないのことなので」と、グレーゾーンも示せて塩梅が良いのかもしれない。

 VTRでは、これからはじまる占いを待機している2人に意気込みを聞く。

「占いは好きですか?」と問うスタッフに「僕、大好きです。道端で手相占いをやってたらフラって行っちゃいます」(八乙女)、「僕はね、星座占いとかを見ても自分にとって、いい結果しか信じない」(有岡)との回答。

 そして過去の放送でジャニーズのSexy Zoneメンバーや木村拓哉も唸らせた、最強占い師・星ひとみが待つ収録スタジオへ向かった。

 まず、八乙女が手相を見せつつ「手の震えで緊張がバレる」と漏らす。一方、動じない有岡の手相に星は「わ。ぐちゃぐちゃだ。やり方さえ間違わなければ、ものスゴく偉大な人になれる。スゴイ才能を隠している感じ。これからの付き合っていく人とか一緒にいる人とかで運勢が本当に変わるから、ちゃんとした人といないと破滅に」と語尾を強めた。

 八乙女の性格については「基本的に芸術の星が強いのよ。日本語の間違いが多く、感覚の感性の芸術肌。ピカソタイプです」と分析すると、「オレ、中学校の時のあだ名ピカソだった」とロックオン(=的中)。

 さらに「基本的に中身がピュアで、“赤ちゃんの星”が入っていて、本来だと4歳。たまに80歳のおばあちゃんになる」とアイドルに斬新な見解を出す。ただ、隣に座る有岡は「あ~スゴイわかる~それ」と共感し、その後も続くロックオンの多さに本人は「怖っ」と呆然。

 続いてファンがもっともきになる《恋愛・結婚》の話へと写った。

「八乙女さんの方が、手相でも占いでもドM線や星が強く入っているの。強い女、行動的だとか自立している人に弱い」すると、好きなタイプは年上だという八乙女が「注意されたいというか、そういう願望? があって、変態みたいだな」と白状。

「相性がいいのは5個上くらい、最終的な相手はすごくいい人、結婚する“気”がある」と星は、勢いを落とさない。

 また、「有岡さんの気もすごくいい。ただちょっとだけ奥さんが大変になりやすいから、1番いい相手は健康系に詳しい人がいいよ。朝スムージー作ってくれるようなタイプ」とアドバイスをすると「あ~いいなぁ」などと、有岡は何ごとかを妄想していた。野菜嫌いの有岡ファンは、克服して近づくいいチャンスかもしれない。

 有岡の未来について、少し生々しい話は続く。

「本来なら24歳~30歳までの間の人っていうのが運命の人1人。そこと本来、来年に結婚で子どもが1人生まれて、次が32歳~34歳、36歳と39歳で子どもが生まれるっていう星なの本当は。ジャニーズなので、お仕事の流れとかバランスを見ると、新しい運命のスタートが32歳から入る。ここでもう1人出てくる。選出間違いをすると41歳で離婚です。子どもはいますが、親権問題で取られちゃう。かもしれないから、ちゃんと見極めて」と、かなり具体的!

 真剣に聞き入っていた有岡も、アイドルといえど、30歳。結婚を連想させる話が出ても不思議ではない。

 そこには時代背景に合わせた、ジャニーズの在り方が垣間見られるようだ。

「結婚や恋愛の匂いを極力消していたジャニーズの所属タレントたちでしたが、年配層が続々結婚。井ノ原快彦や国分太一などはパパキャラになっても人気が落ちるどころか、ファンは温かく見守っています。その前例を踏まえ、若手も不自然にそういった話をスルーすることがなくなったんでしょう。本人が隠していても“匂わせ騒動”などで痛い目を見た先輩もいたし、占いを挟んでタレントとファンの免疫をあげている感じかもしれません。これまでSMAPがバラエティ番組に大きくテレビへ進出したことなど、テレビバラエティとジャニーズとの関係にもいくつかの変革期がありましたが、昨今は恋バナもOKという変革期が来たようですね」(前出の芸能レポーター)

 ジャニーズの世界にも、新たな風が吹いている。

  • 5/16 9:00
  • サイゾー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます