結婚には前向きなはずなのに…「私マリッジブルーだ!」と感じた瞬間

大好きな人との結婚で幸せいっぱいのはずなのに、なぜか心が沈んでいる、何をしても気分が乗らない、マイナス思考になっている。それはもしかするとマリッジブルーかもしれません。結婚を前向きに受け入れていても、生活の変化や人生の大きなイベントにはストレスがつきものです。
そこで今回は、「私マリッジブルーだ!」と感じた瞬間を女性陣に伺ってみました!

体調を崩しやすくなった

「すぐにお腹を下してしまい、胃が痛くなる日々が続きました。気分が落ち込んでいる理由が自分でも分からずただのホルモンバランスの乱れだと思っていたのですが、多分マリッジブルーだったんだと思います。幸せは感じていたけど、不安のほうが大きかったのかも」(30歳/事務/女性)

▽ 不安を抱くと体は正直なもので、顕著に表れてしまいますよね。相当ストレスがかかっていたのかもしれません。不安要素が多ければ多いほど、体調を崩しやすくなるようです。

彼や自分にイライラすることが増えた

「これからこの人が夫になるんだって思ったら細かいことまで気になるようになって、彼に対してイライラすることが増えました。細かいことでいちいちイライラする自分にもムカついたし、これもマリッジブルーの一つですよね」(29歳/アパレル/女性)

▽ 今までは気にしていなかったことに対して神経質になってしまうのは、マリッジブルーでは珍しくありません。結婚を失敗だと思いたくない! という気持ちから、相手に完璧を求めてしまうのかも。

結婚式の準備がうまく進まなかった

「結婚と同時に結婚式の準備も進めていたんですが、仕事もあって手続きもあって、用意するものも多くて本当に大変で、役割分担は私のほうが多くて……。本当に疲れてしまい、結婚をだんだんネガティブに捉えるようになってしまいました」(31歳/飲食業/女性)

▽ 結婚式は華やかですが、その華やかさを演出するために裏では大変な準備が行われています。花嫁が主役という理由で役割を多く押し付けられてしまうことは多いので、マリッジブルーに陥りやすいのかもしれません。

本当にこの人でいいの?

「大好きだけど嫌なところもあって、結婚するってなったら嫌なところばかり考えるようになるんです。本当にこの人でいいのか、他にいい人がいるかもしれない、幸せになれるのか、みたいにグルグル考えちゃって、幸せを感じる間もなく結婚しちゃいました」(33歳/主婦/女性)

▽ 「結婚をする=一生を添い遂げる」ということ。結婚前が一番結婚の重みを考える時期ですよね。自分が本当に幸せになれる相手なのかどうか、結果は分からないのにひたすら考えてしまうのは、マリッジブルーになっている証拠です。

まとめ

結婚してしばらくすると、夫婦という関係性にも生活環境にも慣れてくるので気持ちは持ち直していくものですが、そこに至るまでが苦しいですよね。そんなときこそ支え合って乗り越えていきましょう。自分がどんな状態なのか、何を考えているのかを共有することで心が軽くなり、ポジティブに考えられるきっかけになるかもしれません。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 5/16 2:00
  • 女子力アップCafeGoogirl

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます