二宮和也、YouTube「中田敦彦ガチ意識」もコラボ不可の「絶対タブー」2人!!

拡大画像を見る

 4月25日に始動した嵐の二宮和也(37)のYouTubeチャンネル『ジャにのちゃんねる』。 運営メンバーにKAT-TUNの中丸雄一(37)、Hey!Say!JUMPの山田涼介(28)、SexyZoneの菊池風磨(26)を加え、順調に活動を進めている。

「5月13日放送の『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系)で二宮は、“最初、気づかれるまで投稿し続けようと思った”と、今でこそメンバーも明らかになりましたが、当初は素性を隠したままステルスでやろうとしていた計画があったと話しています。

 そのため、開設当初は再生回数が100回程度しかなかったそう。その後、二宮は“ジャニーズの名前を借りよう”と方針を変え、結局、“名前も顔も出そう”となり、現在の大反響を得たといいます」(女性誌記者)

 当初の計画からの方針変更もあったようだが、“YouTuber二宮”は歩みを始めた。

「YouTubeは、いかに自分から能動的に物事を発信できるかが重要になるメディアです。受け身の姿勢では難しいと言われていますが、実は二宮は、元々は自分から積極的に何かを発信するのは苦手だったといいます。しかし、そんな二宮の意識を変えて刺激を与えたのが嵐の松本潤(37)だと5月11日発売の『週刊女性』(主婦と生活社)は伝えています。

 松本は、嵐のYouTubeチャンネルにも関わり、昨年大晦日に開催された『This is 嵐 LIVE』の宣伝動画を撮影したときには、松本からメンバーにYouTubeの面白さや編集のやり方のレクチャーもあったそうです。それが今回の『ジャにのちゃんねる』の成功につながっているのかもしれませんね」(前出の女性誌記者)

■最速200万人の先に立ちはだかる壁

 4月25日の本格始動以降、『ジャにのちゃんねる』は破竹の勢いでチャンネル登録者数を伸ばして、4月29日には開設から21日目での登録者数200万人を達成。嵐のYouTubeチャンネル『ARASHI』の25日間を上回る日本最速記録を樹立した。

 その後も登録者は伸び続け、5月15日時点(=以下同)で242万人まで増加。もはや向かうところ敵なしのようにも見えるが、二宮には強大な壁が立ちはだかっているという。YouTube用のオリジナル動画を投稿する芸能人で、日本トップの382万人の登録者を抱えるオリエンタルラジオの中田敦彦(38)だ。

「5月11日発売の『女性自身』(光文社)によると、二宮さんは“打倒中田”に向けて、プロデューサーとしての才能を発揮しているといいます。中田さんの『中田敦彦のYouTube大学』は教育系チャンネルで、『ジャにのちゃんねる』とは毛色が違うので、動画の内容面でのバトルではない。

『女性自身』の記事によると、二宮さんは本格始動前にシルエットだけ見せて、チャンネルの中身をちょい出ししていく方式を自ら提案したといいます。また、ファン以外の登録者数も獲得するために、ゲームの実況配信も計画中だとか。

 ほかにも、動画投稿までのプロセスを追った姿も出すことで親しみを感じさせるといった演出も仕掛けていますし、自らのスター性だけに頼らず、より多くの人にチャンネル登録をしてもらう努力をしている。そうした面が、中田さんの数字を追う姿勢と通ずるのではないでしょうか」(WEB編集者)

■中田も『ジャにのちゃんねる』に反応「盛り上がりがすごい」

 二宮に追われる立場である中田も、『ジャにのちゃんねる』に反応した。中田は、自身のサブチャンネル『中田敦彦のトーク- NAKATA TALKS』5月7日、『嵐二宮さんの「ジャにのちゃんねる」に大注目』と題した動画を投稿し、二宮のチャンネルに言及している。

「中田さんは、『ジャにのちゃんねる』の動画を視聴したことがあると語り、“盛り上がりがすごい”“みんな『豪華だな』って”とチャンネルを評価。その一方、二宮さん単独ではなく中丸さん、山田さん、菊池さんのグループで運営するチャンネルであるため、“あの4人がスケジュール合わせるってめちゃくちゃキツいと思う”と、複数人でやるからこその大変さもあると指摘していました。

 また、カジサックことキングコングの梶原雄太さん(40)を引き合いに、“吉本で言うカジサックさんみたいな役割をやるのかもしれない”“吉本だとカジサックさんのチャンネルにとにかく(芸人を)出していくっていうのが最初のフェーズだったじゃないですか。こういう役割を二宮さんが出来たら強い”との見解も示していました」(前出のWEB編集者)

■意識はしていても「コラボはできない」

 中田は全ユーザー向けの動画だけでなく、5月7日に『中田敦彦のトーク- NAKATA TALKS』チャンネルのメンバーシップ向けの動画も公開している。

「メンバーシップ向け動画で中田さんは、“コラボはできないとわかっています”“『ジャにのちゃんねる』さんとのコラボは多分無理だと思いますよ”とコメント。中田さんは、過去にYouTubeで昨年6月にジャニーズ事務所を退所した元NEWSの手越祐也さん(33)、2016年3月に退所した元KAT-TUNの田口淳之介さん(35)とのコラボ経験があり、ジャニーズのど真ん中にいる二宮さんとからむのは難しい、と思っているそうです」(前出のWEB編集者)

 夕刊紙デスクは言う。

「田口は退所後の2019年5月、交際相手で女優の小嶺麗奈(40)と一緒に厚労省麻薬取締部に大麻取締法違反の疑いで逮捕。後に東京地検により大麻取締法違反(所持)の罪で起訴される事件を起こしています。

 手越は、コロナ禍に女性同伴で飲食店に外出するなどして謹慎処分を受けていた最中にジャニーズを退所し、決して円満な辞め方ではなかったと言われています。こうしたジャニーズ事務所との関係が微妙な可能性がある2人とのコラボ実績があるため、現役のジャニーズタレント、しかも大スターが揃ったチャンネルとのコラボは無理だろうと中田も踏んでいるのでしょう」

 中田は、『ジャにのちゃんねる』とのコラボへ望み薄なコメントをする一方、「僕から断る理由はない」とも話している。

「中田は、二宮サイドからのオファーがあればコラボを受けるつもりがあるということでしょう。お互いが意識しあっているようですし、芸能人YouTuberのトップ勢で、ジャンルの違う2組のコラボは意外に合っているかもしれません。今後の大きなうねりを生む可能性もあり、さまざまなしがらみを乗り越えて、ぜひ実現してほしいですよね。地上波テレビとは違い、特定の広告主がいないYouTubeだからこそ、通常は不可能と思えることが実現しそうな気もしますが……」(前同)

 奇跡のコラボは、二宮のゴリ押し次第!? 

関連リンク

  • 5/16 8:33
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます