木下優樹菜「暴走」ショック!!若槻千夏も…!?“古巣”を襲う「オスカー危機」!!

拡大画像を見る

 昨年7月に芸能界を引退した木下優樹菜(33)。現在でもSNSで近況を発信している彼女が、改めて世間の注目を大きく集めている。

「緊急事態宣言が発令されていた4月25日と26日、木下はインスタグラムのストーリーにバーベキューで大盛り上がりだった様子を投稿し、大炎上してしまいました。引退するきっかけとなった“タピオカ騒動”もSNSがきっかけだったのに、懲りないといいますか……」(女性誌記者)

 木下は、2019年秋に実姉が勤務していたタピオカ店とトラブルを起こし、同年11月に芸能活動を自粛。

「木下はその後、2019年の大晦日に前夫のFUJIWARAの藤本敏史(50)と離婚。2020年7月1日に芸能活動再開を発表したものの、そのわずか5日後にあらためて引退しました。引退時には複数の不倫疑惑も浮上した木下ですが、芸能人としての歯車が狂い始めたのは“タピオカ騒動”から。

 今回のBBQ炎上も、タピオカ騒動と同じ木下の“暴走行為”という印象を受けますし、そう捉えた人が多数いることは事実。またここから何か大きな問題が起こらなければ良いのですが……」(前同)

■「事務所総出」と売り上げ減の“Wダメージ”

 暴走行為から芸能界引退を余儀なくされた木下だが、

「木下さんの引退が痛かったのは本人だけではない。彼女が所属していた古巣の事務所も、“勘弁してほしい”と思っていたでしょうね。木下さんはタピオカ騒動当時、トラブルになったタピオカ店オーナーに“事務所総出でやりますね”と圧力をかけていたわけで、事務所のマイナスイメージもささやかれたし、何より彼女の電撃引退による売り上げ減が大きかったですよね」(芸能プロ関係者)

 木下は、2019年11月の芸能活動を自粛した時点で、『ニンゲン観察バラエティモニタリング』(TBS系)と『こじらせ森の美女』(ABEMA)の2本のレギュラー番組を抱えていた。

「木下さんはレギュラー以外にも、自粛直前の2019年11月に『キスマイ超BUSAIKU!?』、2019年10月にも『BACK TO SCHOOL!』(いずれもフジテレビ系)に出演していましたが、単発での番組出演もかなり多かった。さらに、テレビの世界だけでなく、インスタグラムのフォロワーは500万人を超え、ネットの世界でも圧倒的な存在感だった。そこから生まれる広告案件も多数あったでしょう。

 タレントとして“タピオカ騒動”までは順風満帆の活躍をしていましたし、古巣の事務所の稼ぎ頭だった。それだけ会社を引っ張っていたタレントがいきなり引退することになったわけですから、事務所にとっては大ダメージですよ」(前同)

■コロナで芸能界に大激震!

 現在、芸能界はコロナ禍に苦しんでいる。

「もちろん、芸能の仕事だけではなく、多くの業種がコロナで大ダメージを負っていますが、コンサート、イベントなどの興行ができなくなった芸能プロダクションの打撃は甚大。

 昨年末、エイベックスが本社ビルの売却を発表したり、ホリプロの堀義貴社長(54)が昨年5月の『東京新聞』の取材に“経済的にももちろん痛いが、積み上げてきたものが全く無になる喪失感は半端ではない”と窮状を訴えるなど、コロナ禍で芸能プロはどこも大きなダメージを受けました。

 木下さんの古巣も、コロナ真っ只中の2020年7月に稼ぎ頭の木下さんが引退したことで、ダブルで打撃を食らってしまったんです。これは相当痛かったのではないでしょうか」(前出の芸能プロ関係者)

 だが、ここにきて木下関連以外でも不穏な話が聞こえてくるという。

 ワイドショー関係者は話す。

「4月21日にタレントで女子プロレスラーとして活躍したことでも知られる愛川ゆず季さん(37)が木下さんの古巣からの退所を発表しました。しかし実は、彼女が事務所を辞めたのは氷山の一角に過ぎず、今後退所者が続出するのではないか、とささやかれているんです……」

■「崩壊危機」が報じられたオスカーのように……!?

 前出のワイドショー関係者は続ける。

「昨今、芸能界では、忽那汐里さん(28)、米倉涼子さん(45)、岡田結実さん(21)、剛力彩芽さん(28)、堀田茜さん(28)ら売れっ子タレントたちが続々と辞めていって、崩壊危機が叫ばれたオスカープロモーションが注目を集めましたが、今、木下さんの古巣も似たような事態になるのではないかとの声が聞こえてきているんです」

 オスカーからの退所タレントは最近も出ており、4月いっぱいで吉本実憂(24)、横山めぐみ(51)が事務所を去っている。

「昨年春、複数の媒体が、米倉さんの退所は同月26日にあったオスカーの社長交代が関係している、と報じていましたが、米倉さんに限らず、こうした事務所内でのゴタゴタがあると辞める人が続出しますよね。オスカーでは、タレントもですが、マネジャーなどスタッフが多数会社を去っています。

 木下さんの古巣も同様に、社内の一部で不穏な雰囲気が流れているといい、それが愛川さんに限らず、“多くのタレント、スタッフが辞めていくのでは”とささやかれている要因だと……。

 まだ騒動になるほど事態は大きくなっていませんが、事務所の第1号タレントである若槻千夏さん(36)も、“もしかしたら……”と心配の声が上がっているといいます」(前同)

 1年半前に起きた木下優樹菜による“タピオカ騒動”。それに端を発し、コロナ禍の今、事態は大きく動いているのだろうか――。

関連リンク

  • 5/16 7:20
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます