田中みな実の辟易する程の横柄な態度が暴露される! 周囲の人物バタバタ倒れ、周りを無言で威嚇…

拡大画像を見る

 美のカリスマと呼ばれ時代の寵児となっているタレント・田中みな実が、ワガママ放題で担当マネジャーが続々と辞めてしまう『マネジャー・クラッシャー』であると「週刊文春」(文芸春秋)が報じた。同誌によれば、田中みな実は機嫌が悪いとマネージャーを無視。さらに一緒に車に乗っていてもLINEで『飲み物買ってきて』と注文する事例もあったという。自己中心的な田中に振り回された担当スタッフはバタバタと倒れ、5人が交代したと伝えている。

「完全に成り上がって天狗になっています。横柄な態度は業界内でも問題視されていますよ。2019年に出した写真集が累計売上70万部以上を売り上げるメガヒットを記録して、ワガママが加速しました。機嫌を損ねるとツンツンとした空気を作り出し、周りを無言で威嚇します。仕事を選ぶようになり完全に大物女優気取りです。一時、エイベックスが問題児の田中を引き取る案が出ていたようですが、やはり『我が強すぎてムリです』と断りを入れたこともありました」(芸能関係者)

 昨年8月にはそんなトラブルもあいまって有村架純、広末涼子、戸田恵梨香ら女優が数多く所属する大手芸能事務所「フラーム」に移ったというのだ。

「カネにもうるさく、ギャラ交渉にも口を出しているようです。現在、番組1本当たりの30万円ほどでオファーを受けていますが、安いと本人が断り出演してもらえません。性格の悪さや扱いにくさといった悪評も広まってきていてイメージキャラクターのキャスティングを直前で別タレントに変更したケースも出てきています。レストランやタクシーでも上から目線で接し、一般人にも迷惑を掛けています。一見、外ヅラはいいですが関わった人間はみんな辟易としています」(前出の同)

 立て続けに連続ドラマ出演が決まっていて現在は「生きるとか死ぬとか父親とか」(テレビ東京系)で好演、さらに7月からは「KILLorLOVE」(日本テレビ系)、10月からは「日本沈没」(TBS系)で女優業をこなす予定で超多忙だが、あまり調子に乗りすぎると、落とし穴にハマるかもしれない。

  • 5/15 7:00
  • TOCANA

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます