品川徹演じる数学特別講師が前作に引き続き登場!阿部寛“桜木”の思惑とは?

拡大画像を見る

阿部寛が主演を務める日曜劇場『ドラゴン桜』(TBS系、毎週日曜21:00~)の第4話が、5月16日に放送される。第4話には、2005年に放送された前作で桜木建二(阿部)が特進クラスの生徒のために招集した数学特別講師・柳鉄之介(品川徹)が再び登場する。

今作は、週刊漫画誌「モーニング」(講談社)にて2018年から人気連載中の三田紀房による「ドラゴン桜2」が原作。2005年に放送された前作ドラマの原作である「ドラゴン桜」(2003年~2007年連載/講談社)の15年後を描く続編で、“令和”になった今だからこそ日曜劇場でやるべきエッセンスを取り入れたドラマオリジナルのストーリーが展開される。

先週放送された第3話では、桜木が龍海学園の生徒たちに言い放った「バカとブスこそ東大に行け!」や、数々の言葉に反響が。インターネット上では「ドラゴン桜に求めてたのこれこれ!!」「桜木先生ほんとにカッコよくて爽快でずっと鳥肌立ってた」「桜木先生のシーンは大人にも響きます」との声があった。

<第4話あらすじ>
瀬戸輝(高橋海人)が学校を休んで3日。水野直美(長澤まさみ)や東大専科の仲間は心配するが、桜木(阿部)は勉強に集中するように告げ、ITを活用した勉強法を伝授する。

一方、専科に負けて難関大コースを廃止した理事長の龍野久美子(江口のりこ)は、新たに一流大コースを設立。理系トップの藤井遼(鈴鹿央士)を再び取り込んで専科に対抗心を燃やしていた。

瀬戸のことが気になる早瀬菜緒(南沙良)と岩崎楓(平手友梨奈)と天野晃一郎(加藤清史郎)が学校帰りに「ラーメン瀬戸屋」に立ち寄るも、瀬戸に冷たくあしらわれる。闇金から店への嫌がらせを隠そうとする瀬戸だが、そんな窮状を桜木と水野に知られてしまう。

そんな中、菜緒と天野は東大を目指して勉強していることが母親にバレてしまった。抗議にやって来た2人の母親に、桜木は「受験生の家庭の10か条」を打ち出し、さらにある伝説の特別講師を呼んでいた。

関連リンク

  • 5/15 12:00
  • テレビドガッチ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます