「謝らない男たち」コブクロに大異変!!公式謝罪、活動休止…「ゲス不倫の代償」!

拡大画像を見る

 人気デュオ・コブクロの黒田俊介(44)と不倫関係にあった女性が自殺未遂していたと、5月11日配信の『文春オンライン』が報じ、ファンを中心に大きな衝撃が走っている。

 同日、コブクロの所属事務所は公式サイトを通じて「記事に掲載されている女性、ご家族に対して大変ご迷惑をおかけしましたことを、心よりお詫び申し上げます」と謝罪文を掲載。

 また、「このような記事に至ったことは、黒田の不徳のいたすところであり、大変責任を感じております。ファンのみなさま、関係者のみなさまに多大なご迷惑ご心配をおかけしておりますことを、心よりお詫び申し上げます」とファンにも謝罪している。

 しかし、最初の報道からわずか10分後、『文春オンライン』は黒田サイドが東京地裁に不倫記事が掲載される5月13日発売の『週刊文春』(文藝春秋)の“出版差し止め”を請求する「仮処分命令申立書」を提出していたことも報じたのだ。

「請求したとされるのが5月10日です。つまり、謝罪文を出した黒田ですが、その前日には記事が表に出ないように必死になって動いていたということですよね。しかし、謝罪文を出したということは報道を認めたということになります」(芸能記者)

■小渕の不倫報道の際には“完全スルー”

 芸能プロ関係者は話す。

「コブクロといえば“謝らない哲学”を持っていることで有名でした。2016年10月には『週刊新潮』(新潮社)が、黒田さんの相方の小渕健太郎さん(44)が複数の女性と不倫していたことを報じましたが、コメントを出すことはなく、記事を“スルー”しています。

 コブクロはこれまで“スキャンダルには対応”しない、という姿勢を貫いてきたんです。自分たちがアーティストだから強気でいたのでしょう」

 しかし、今回の黒田のケースは不倫相手の女性、その家族、ファンに向けて謝罪のコメントを出している。

「長年支えてくれているファンがガッチリついていて、彼ら本人がメッセージを出さないということで、“報道内容は間違っている”だと考えてくれるような存在だったといいますね。そんなコブクロが今回は謝罪をしたわけですから、これはかなり異例の事態。もしかしたら、初めての謝罪なのではないでしょうか。

 ただ、その前には出版差し止めなどの“悪あがき”とも取れる動きもしていたわけで、その動きが結果的に火に油を注いでしまっていますよね」(前同)

■コブクロは「異常にモテる」!活動休止の可能性も……

 ネットには「出版を差し止め申請して事実を隠蔽しようとしたがうまく行かず謝罪。最初から謝罪しとけばいいものを」「報道の差し止め請求するところが何ともイタい……」「差し止め請求は墓穴を掘ったとしか思えない」といった声も上がっている。

「さらに、タイミングの悪いことに報道翌日の5月12日にスタートした新番組『スポヂカラ!』(NHK BS1)のエンディング曲として、コブクロの新曲『Star Song』が使われているんですよね」(前出の芸能プロ関係者)

 レコード会社関係者は話す。

「『週刊文春』にもあるように黒田さんは大阪在住です。一方、小渕さんは東京に住んでいます。アーティストだから頻繁に会う必要もないのかもしれませんが、2人は仲がいいコンビのような感じではなく、ビジネスパートナーのような割り切った関係だといいます。

 今回の黒田さんの不倫報道に小渕さんは果たして何を思うのか……。自分も過去に不倫が報じられたこともあるため、強くは言えないでしょうね。小渕さんの不倫報道からもわかるように、コブクロの2人は異常にモテる。小渕さんには以前、超有名モデルとの関係もささやかれていましたからね」

 現在、コブクロの活動休止も検討されているという。

「不倫相手の女性とは弁護士を通じて話し合いをしていたといいますが、やはり相当こじれていることも大きいでしょう。ここまで大きな騒動になって、黒田さんサイドも報道を認めざるを得なくなった。

 だからこそ謝罪文を出したわけですが、謝罪したからには今のご時勢的に、活動を休止せざるを得ない流れですからね……」(前同)

 デュオの2人ともに不倫が報じられたコブクロ。愛の歌は、ファンの心にも響かない!?

関連リンク

  • 5/15 8:15
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます