Soup Stock Tokyo、全店でグルテンフリー対応メニューが登場

拡大画像を見る

 スープストックトーキョーは「Soup for all!」の考え方のもと食の多様性の対応を推進。今回、その取り組みの一つとして、Soup Stock Tokyo外食店舗全店で、定番の「オマール海老のビスク」をはじめとしたグルテンフリー対応メニューの提供を開始した。

 従来の商品に対し、改めて外部専門機関で分析を実施し、CODEX(コーデックス)規格に準拠してグルテン含有量20ppm以下であることを確認した5種類のスープをグルテンフリー対応メニューとして販売する。このメニューには、「グルテンフリーマーク」を明示する。また、対応メニューのうち2種類のスープはベジタリアン対応メニューとしても販売する。
 「イタリア産トマトのミネストローネ」は、イタリアの太陽をさんさんと浴びて育った甘くて濃いホールトマトをたっぷり使った。野菜の旨味がつまったベジタリアンスープとなっている
 「オマール海老のビスク」は、スープストックトーキョーで1番人気のスープ。オマール海老の濃厚なだしの旨味と、香味野菜、トマト、ミルクが溶け合った贅沢な味わいが楽しめる。
 「東京参鶏湯(サンゲタン)」は、韓国の滋養スープのおいしさはそのままに、カップで食べられるようにアレンジした。ほぐれるまで煮込んで柔らかくなった鶏肉が優しい味わいのスープとのこと。
 「マルゲリータスープ」は、ピッツァマルゲリータをスープにした。南イタリア産の完熟トマトをベースに、モッツァレラチーズとバジルを合わせた、シンプルで味わい深い逸品。
 「ポロ葱と白いんげん豆のミネストローネ」は、北海道産のポロ葱を丁寧に炒め、根セロリ、白いんげん豆、じゃがいも、キャベツと合わせて柔らかく煮込んだミネストローネ。野菜の優しい甘さとおいしさを味わうベジタリアンスープとなっている。価格は、店内が649円、テイクアウトが637円(レギュラーカップ単品)。

関連リンク

  • 5/15 8:00
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます