強引なアプローチでお付き合い!その後、訪れる苦労9パターン

両思いで恋愛を始められたら最高ですが、ときには強引にアプローチしてきた男性に押し負けて、恐る恐る付き合い始めるケースも少なくありません。そして、結果的に幸せになることもあれば、苦労する場合もあるようです。そこで今回は、10代から20代の独身女性436名に聞いたアンケートを参考に、「強引なアプローチでお付き合い!その後、訪れる苦労9パターン」をご紹介します。

【1】彼氏の「好き!」のテンションに気持ちがついていかない
「彼の好き好きアピールにうまく応えられない」(20代女性)など、二人の気持ちに温度差があると、カップルらしい好意のやり取りがスムーズにいかないようです。「ゆっくり好きになって行きたい」という気持ちを伝えて、徐々にコミュニケーションを重ねていくしかないでしょう。

【2】二人だけでいても会話が盛り上がらない
「相手に対して興味が薄いから無言になりやすい」(20代女性)など、気持ちが高まっていない状態だと、デート中も沈黙が続きやすいようです。どうせなら自分から話題を振ってどんどんしゃべったほうが、続けるか別れるかの判断材料も増えるでしょう。

【3】彼氏が勝手に想像している「理想の私像」が現実とズレている
「『完璧な女性』を期待されすぎて疲れる」(20代女性)など、相手から強い好意を抱かれている場合、そのイメージが現実離れしていることもあるようです。無理に期待に応えようとしても意味がないので、あえて「素の自分」を見せることで、相手を冷静にさせたほうがいいでしょう。

【4】彼氏を心底好きになれないことに罪悪感が生まれる
「嬉しそうにデート計画を話す彼を見ると、申し訳なくなる」(20代女性)など、彼氏の純粋な好意が重くなり、自分を責めてしまうケースです。いきなり「良い彼女」であろうとするから良心が痛むわけで、最初の数ヶ月は「お試し期間」のつもりでいれば、割りきって付き合えそうです。

【5】少しの価値観の違いが許せず、寛容になれない
「大好きな人だったら欠点も可愛く思えるんだけど」(20代女性)など、些細な意見の食い違いすら許容できずに悩む人もいます。我慢するとますますストレスが溜まるので、いっそ堂々と不満をぶちまけてケンカすれば、本音で向き合える可能性もあるでしょう。

【6】誕生日プレゼントなど、相手のためにしてあげることを面倒に感じる
「彼のためにお金を使うのがイヤ」(20代女性)など、時間やお金を負担することに不満が生じるケースです。誕生日プレゼントは恋人の義務ではないので、あげたいと思わなければ無理に渡す必要はありませんが、それなら「お互いにお祝いはしない」とルールを決めるのが無難かもしれません。

【7】周囲の友達に「彼氏ができた」と紹介するのに抵抗がある
「まして親に紹介とか絶対無理」(20代女性)など、彼氏への気持ちに自信がないため、友達に紹介するのをためらう人も多いようです。変に隠すより、周囲には「彼氏はできたけど、まだ紹介するほどじゃない」と説明しておいたほうが、余計な詮索を受けずに済むでしょう。

【8】中途半端な気持ちのせいで、ほかの男性に目移りしやすい
「二股なんて汚らわしいと考えていたのに、仕方がないかもって思ってしまう」(20代女性)など、浮気願望を否定できずに悩むパターンです。本心から別の男性へ興味が移っているなら、思い切って彼氏には別れを告げて、きっぱりケジメを付けるのが筋でしょう。

【9】「別れたい」と思っても、彼氏に申し訳なくて言い出しづらい
「彼を振り回すことになるのが辛い」(20代女性)など、中途半端な気持ちで付き合い始めたために、逆に別れを切り出しづらくなる場合もあるようです。とはいえ、本気で別れたいと決意したなら、ズルズル引きずるよりも早く告げたほうが傷は浅く済むでしょう。

誰が相手であれ、恋愛は付き合ってみなければわからないことがたくさんあります。自分の決断を後悔するのは避けたいものです。(呉 琢磨) 【調査概要】 期間:2014年10月30日から11月6日まで 対象:合計436名(10代、20代の独身女性) 地域:全国 方法:インターネット調査

画像をもっと見る

関連リンク

  • 5/14 17:00
  • オトメスゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます