小栗旬、田中圭への“ゴチ”は数千万!?橋本環奈には洗濯機!「一人石原軍団」の豪快!!

拡大画像を見る

 5月12日放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ系)に田中圭(36)が出演し、同じ事務所の先輩である小栗旬(38)の太っ腹すぎるエピソードを明かした。

「TOKIOの城島茂(50)から最近買った高価なものを聞かれた田中は、“つい最近、車を買いました”というと、買い換える前に乗っていた車の話を始めました。田中によると、約8年前に街中で後輩へのプレゼントを買っている小栗に遭遇。冗談で田中は“俺、旬くんに1回も(プレゼントを)もらったことないっすよ”と言ったところ、小栗が本気にしてしまい、あるとき“お前に何もあげたことないから車買ってやるよ”と言われたのだそう。

 事務所の社長が“お前も半分出せ”と言われたため、小栗と購入費用を半々にしたといいますが、その一言がなければ全額小栗が出すことになっていたようです」(テレビ誌ライター)

 田中は購入費用の半分を小栗に出してもらったため、車を買い換える際に小栗に相談。その結果、田中がそれまで乗っていた車は、後輩の俳優にプレゼントされたという。

■借金の肩代わりから家電の購入も!

 小栗の田中に対する太っ腹エピソードはこれだけにとどまらない。

「昔の話ですが、田中さんはかなりギャンブルにハマっていて、百万単位では済まない借金まで抱えてしまったといいます。驚くことに、この借金を肩代わりしたのが小栗さんだったそうです。小栗さんはこのとき、“このままだと俳優として終わる。ギャンブルから足を洗ってやり直せ”と熱い言葉を送り、これがきっかけで田中さんはギャンブルから抜け出せたそうです」(芸能プロ関係者)

 事務所のかわいい後輩とはいえ、考えられないケタ違いの援助をした小栗。ただ、小栗のこうした太っ腹ぶりは事務所の後輩に限らない。

「2018年8月に公開された映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』で小栗と共演した橋本環奈(22)は誕生日プレゼントで、小栗からバッグをプレゼントしてもらったと、映画の舞台挨拶で明かしています。これだけならまだしも、2018年8月放送の『火曜サプライズ』(日本テレビ系)で橋本は、ひとり暮らしを始めたということで、小栗からドラム式洗濯機をプレゼントされたと話しています。

 さらに、『銀魂2』の出演者では戸塚純貴(28)も小栗からソファをもらったと同作の舞台挨拶で報告しました。イベントに同席していた小栗は“一度始めてしまった分、他の人に買わないわけにはいかない。環奈ちゃんにはみんなでいろいろ買ったのに、戸塚には何も買わなかったとは言えないでしょう”とプレゼントした理由を話していたました」(芸能記者)

■「お芝居の稽古をするところがあったらいいのに」で建設

 2018年8月放送の『あさイチ』(NHK)に出演した小栗は、NHK大河ドラマ『西郷どん』で共演した鈴木亮平(38)から信じられない話を暴露された。

「鈴木はVTRで出演し、小栗が稽古場として使えるスタジオを自腹で建設した、という話を明かしたんです。そのスタジオは小栗専用ではなく、役者仲間にも開放されていて、『西郷どん』に出演する大野拓朗(32)や泉澤祐希(27)ら若手のキャストも利用していたといいます。ちなみに小栗は“夜な夜な皆でお芝居の稽古をするところがあったらいいのになあ”と友人に言われたことがきっかけで、スタジオを建てたと説明していました」(前出の芸能記者)

 小栗の大盤振る舞いは自身が出演していない作品にも及ぶ。

「小栗とプライベートで仲が良いことで知られるムロツヨシ(45)は、2018年11月、自身のツイッターに“小さな栗から旬なる差し入れ届きました”として“ラーメンではなく、ラーメン屋を差し入れた、我が栗、ハリウッド旬、すげーな、スターだわ、大恋愛チーム、みんな大喜び 小さい栗でも大きい旬よ、感謝だよ、友人よ、ありがとう”と小栗からラーメン屋の差し入れがあったと明かしました」(前同)

■石原軍団顔負けの豪快さ

 小栗が差し入れを贈ったのは、2018年10月に放送されたドラマ『大恋愛〜僕を忘れる君と』(TBS系)の現場だ。

「ラーメン屋をまるごと差し入れるとは、被災地でカレーや豚汁などを1万食配ってしまう石原軍団を彷彿とさせる豪快さですよね。しかも、小栗はこれほどド派手な差し入れをしているにもかかわらず、『大恋愛』には出演していないんです」(前出の芸能記者)

 小栗は2017年3月放送の『TOKIOカケル』で、撮影現場への差し入れに使う金額について「毎回どの現場でも、たとえば出演料があったとしたら、その半分くらいを差し入れに使います」と話している。

「小栗さんはかねてから所属事務所の次期社長になると報じられています。これは遠い未来の話ではなく、以前は2020年にも就任すると言われていたほど。コロナ禍や2022年のNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の主演もあるので先に延びているだけで、社長になるのは時間の問題だと言います。

 小栗さんは金銭的な面だけでなく、所属俳優のスケジュールを持ち歩いて、多忙そうな後輩には直接電話し、“今が頑張りどころだから”とフォローをすることもあるそう。仲間のためならお金や労力も惜しまない小栗さんなら、立派な社長になれるでしょうね」(ワイドショー関係者)

 豪快すぎる男・小栗旬。今後の日本の芸能界を力強く引っ張っていって欲しい!

関連リンク

  • 5/14 8:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます