【そっちかよ】『納豆のフェイスパック』を使ってみたら「納豆そのもの」になりかけた

拡大画像を見る

新大久保の韓国コスメショップへ行くと、つい大量購入してしまうのが『フェイスパック』である。パックは良い。1枚100円ちょっとで “美意識高い系女子の気分” になれるから。中には食品や植物のエキスを使った変わりダネパックも多く、見ているだけで飽きない。

そんなある日、思わず二度見したのが『NATTO』と書かれたパックだ。パッケージには白く糸を引く茶色い豆、つまり『納豆』の写真が大きくデザインされている。ネット記者としては “メチャクチャ納豆臭いパックだった!” という展開になれば「ぶっちゃけオイシイ」のだが……

これは……どっちなんだ? できれば臭くあれ……!

・イチかバチか買ってみた

祈る思いで購入したこの商品、正確には『NATTOGUM』と記載されている。「ナットウのガム……!?」という期待と不安が入り混じった気持ちになるのだが、調べたところ世の中には『納豆菌ガム』なる成分が存在しているらしい。

納豆菌ガムは湿潤剤としての効果が期待できるのだそう。商品の説明はほとんど韓国語で書かれているため、本当に納豆菌ガムが配合されているかどうかは読み取れなかった。ただ少なくとも “納豆のガム” でないことは確かなようだ。

さて先に述べたとおり、この商品を見た全員がまず最初に考えるのは「納豆のニオイがするのか?」という点だろう。世の中には “ニオイはキツいけど美容効果の高い食品や化粧品” が存在しているのも事実。

仮にこのパックから納豆のニオイが漂ってきたとしても、使用する覚悟はできているぞ! それでは…………いざ開封!!

…………グヌッ!

イイ香りがしやがるっ…………!!!

残念ながら納豆パックは、ベビーパウダーかせっけんのような素敵な香りを放っていた。よ〜く鼻を近づけてみても、納豆臭さは1ミリも感じられない。私の脳裏を「ボツ」という言葉がよぎったその瞬間……

ちょっと待て……こ、これは…………

やっこさん、デロデロのドゥルンドゥルンだぞ!!!

・とりあえず使ってみた

私はこれまで様々なタイプの韓国パックを使用してきたが、これほど「ネバネバ」かつ「ツユダク」なブツには初めてお目にかかった気がする。美容液は多けりゃいいってもんではない。でも、なんだか得した気持ちになる。

ってことで納豆パックを装着したまま、パソコン仕事をしてみることにしよう。フェイスパックは通常10〜15分くらいたつと美容液が乾燥し、端からはがれ始める。そのタイミングが外しどき、というワケだ。

納豆の栄養素が肌に吸収されるのを想像しつつ……仕事に集中…………

・できなかった

ところが……装着するとすぐに納豆パックはずり落ち始め、ものの2〜3分で完全に視界を遮ってしまった。

つまり史上稀に見るヌメヌメ感が、潤滑油の役割を果たしているのである。

ヌメヌメ自体は別に構わないのだが、最近のパックは装着したままの状態で読書やパソコン等の軽作業を行えるのが当たり前。ずり落ち問題は忙しい現代女子にとって大きなマイナスポイントであろう。

おまけにタップリの美容液が目や唇も覆ってしまうため……

なんかもう、全体的にネバネバのヌメヌメ!

納豆パックとはパックそのものが納豆なのではない。「使用した人間が納豆の気分を味わえるもの」だったのだな。

とはいえパックを外してしばらくすると、先ほどのネバネバが嘘のようにスーッとした爽快感がやってきた。しかもお肌はしっとりツヤツヤ……これは普段使っているパックより調子がいいかもしれない?

結論として納豆パックは「まっすぐ仰向け状態で使用する必要がある」「髪の毛に付くとバリバリになるため、できれば入浴前の使用が望ましい」などの制限があるものの、パックとしての性能は決して悪くなさそうである( ※ 効果には個人差あり)。

美意識の高い女子ならびに納豆の気分を味わってみたい人は、休日などを利用して試してみてくれ!

執筆:亀沢郁奈
Photo:RocketNews24.

関連リンク

  • 5/13 8:30
  • ロケットニュース24

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます