嘘つき…!彼女との別れを決意した「絶対に許せない嘘」9パターン

「好きな彼女の言うことなら、多少の嘘には目をつぶる」という優しい男性は少なくありませんが、そんな男性でも一瞬で別れを決意せざるを得ない、「絶対に許せない嘘」というものがあるようです。そこで今回は、10代から20代の独身男性172名に聞いたアンケートを参考に、「彼女との別れを決意した『絶対に許せない嘘』9パターン」をご紹介します。

【1】「初めての彼氏だよ」と言いながら、過去に相当な男性経験があった
「これまでの笑顔が、全部嘘に思えた」(20代男性)など、「過去の男性経験」についての嘘が許せない男性は少なくないようです。良し悪しは別として「純潔さ」を気にする男性がいる以上、経験豊富なのに「ゼロ」と言い張るのはトラブルの元かもしれません。

【2】「体調が悪くて」とデートをドタキャンしながら、別の遊びに出かけていた
「自分の存在の軽さがよく伝わってきた」(20代男性)など、嘘をついてデートをドタキャンするのは、「あなたと会うより楽しいことがある」と言っているのと同じです。どうしても断れない事情があるなら、キチンと説明して理解を求めるのが筋でしょう。

【3】「ほんとだってば!」と言いながら、すでにバレている嘘にさらに嘘を重ねた
「こうやって一生ごまかし続けるんだろうな、と思ったら冷めた」(20代男性)というように、嘘を隠すための嘘をつくのは、「嘘つき」というレッテルを貼られるのに十分な行為です。やむを得ない嘘がバレたら、心から謝罪することが唯一示せる誠意でしょう。

【4】「女友達と遊ぶ約束なの」と言いつつ、元カレと会っていた
「後ろめたい気持ちがなければ、嘘をつく必要がないはず」(20代男性)というように、嘘をついてまで元カレと会っていたことがバレたら、事実はどうあれ「浮気」を疑われても仕方がないでしょう。そもそも特別な事情がない限り、元カレとの接触は避けたほうがよさそうです。

【5】「タバコ吸う人は嫌い」と言っていたのに、喫煙者だった
「こんなことで嘘をつくなら、ほかにも色々ついているはず」(20代男性)というように、日常的な行為についての嘘は、より大きな嘘を連想させるようです。なかでも「喫煙」は非喫煙者にとっては気になる習慣のため、特に許せない人は多いかもしれません。

【6】「あなたの2歳下」と言っていたのに、年齢を偽っていた
「単純に、そこは偽るな」(20代男性)というように、年齢などの基本的なプロフィールに関する嘘は、恋愛関係の根本を揺るがすようです。バレるまでの時間が長いほど、相手に与える衝撃も大きくなるので、はじめから正直に話すのがベターでしょう。

【7】「女子会に行ってくるね」と聞いていたのに、実は合コンに行っていた
「いずれにしろ浮気すると思うので、もういいです」(20代男性)など、彼氏に嘘をついて「合コン」に行ったのがバレると、問答無用で浮気を疑われるようです。どうしても行くなら堂々と事情を説明するか、完璧にバレないようアリバイ工作を徹底するか、二つに一つでしょう。

【8】「しばらく忙しいから会えないかも」と言って、海外旅行に行っていた
「二人の間に信頼関係はない、と確信した」(20代男性)など、海外旅行レベルの大きな行動を彼氏に隠していると、バレたときに信頼関係が崩壊するようです。「隠すだけの理由がある」と思われて当然だということを肝に銘じるべきでしょう。

【9】「結婚資金を貯めてるから」とケチっていたのに、多額の借金があった
「それを信じてデート代を全部出していた俺は何なの?」(20代男性)など、彼氏の信頼に付け込んでいる分、タチが悪い嘘と言えそうです。お金がないなら素直に伝え、費用をかけないデートを楽しむなど、彼氏と一緒に倹約を楽しむ道を選ぶべきでしょう。

「彼女の嘘をどこまで許せるか」の基準は人によって違いますが、多くの男性が「許せない!」と感じるこれらの嘘は、まず控えておいたほうがよさそうです。(呉 琢磨) 【調査概要】 期間:2014年1月14日(火)から21日(火)まで 対象:合計172名(10代、20代の独身男性) 地域:全国 方法:インターネット調査

画像をもっと見る

関連リンク

  • 5/13 16:00
  • オトメスゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます