松本人志「次どうなんのかな?」引退と相方・浜田雅功との「奇妙な関係」告白

拡大画像を見る

 ダウンタウンの松本人志(57)が5月9日放送の『ボクらの時代』(フジテレビ系)に出演。シンガーソングライターのさだまさし(69)と泉谷しげる(73)と、“引退”について語り合っていた。

 今回の放送は3人が登場するトークの後編。前回、松本はさだについて「小学生のとき、コミックソングとは違う、完成度の高い面白い歌に心打たれた」と振り返り、「僕の心の師匠」で「呼ばれたら断れない」と語っていた。

 一方、さだは、ダウンタウンがMCを務める歌番組『HEY!HEY!HEY!』(同局系)に出演したとき、松本に連絡先を渡したと告白。すると、松本からすぐに連絡がきたそうで、そこからつきあいが始まり、“サシ飲み”したこともあると明かしていた。

 トークの終盤、さだは、松本が「65歳になったら引退する」と発言した記事を読んだとし、「なんで? 早くやめたいの?」と質問。松本は「30歳過ぎあたりから、ずっと“やめたい”って言いながら、今日まできてしまいましたね」と明かした。

 続けて、松本は「僕の場合、やっぱりどっかに、コンビっていうのがあって、勝手にやめられないっていうのも、あるんですよ」と、相方の浜田雅功(57)とダウンタウンを解散しない限り引退できないという思いも吐露。

 これを受け、泉谷は「65歳でやめるのはもったいない」としつつ、「それもイヤなんだろう。“いつだってやめたっていいじゃないか”っていうぐらいの、(覚悟の)スゴさがないとダメだと思う」と、松本に理解を示した。

■年齢を重ねて変わった浜田雅功との関係

 すると、松本は「今でも“老害”っていう、イヤな言葉があるじゃないですか」と、ベテランになって世間から「老害」だと揶揄されることを危惧。これ対し、さだは「だけど、責任感って出てきません?」と持論を展開した。

 また、松本は「ウチの場合、若いときは僕がボケでネタ作って、浜田がツッコミでやってきたけど、どんどん年齢を重ねてくると、浜田のほうがボケなんですよね。僕がツッコミなんですよ」と、コンビ関係の変化を明かし、2人を驚かせた。

 さらに、松本が「“これが次どうなんのかな?”は、ちょっと見てみたいんですけど」と、今後への期待もあると明かすと、さだは「70歳になったときの松本さんが見てみたいなぁ。なんの芸を発掘するか、なにに興味を持っているかを知りたい」と訴えた。

 これに松本は「うわぁ~」と苦笑いを浮かべ、「さださんにそれを言われるとね、優しいパワハラですけどね」と指摘。それでも、さだは「どんなジジイになって、どんなくたばり方をするのか、正々堂々と見せてほしい」と熱望。松本は「怖っ!」と笑っていた。

 さだだけでなく、多くのファンが、年齢を重ねたダウンタウンの笑いを見てみたいと願っているだろう。また、松本がテレビやネットと、どう関わっていくのかも気になるところだ。

関連リンク

  • 5/13 8:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます