【自棄】じき以外の読み方?!超難読、あなたはこの漢字を読めるかな?3選

あなたは、【自棄】の読み方をご存知ですか?

【自暴自棄(じぼうじき)】という四字熟語で【じき】と読めますが、実はほかにも読み方があるんです。
今回はこのような、読めそうで読めない難読漢字を3つご紹介します!

(1)【自棄】の読み方と意味




【自棄】には、冒頭でお話した通り【じき】以外の読み方があります。

【やけ】と読みますが、ご存知でしたか?
これは「熟字訓」という読み方で、それぞれの漢字単体ではなく、熟字に訓読みをあてた読み方のことです。
つまり【自棄】という熟字に対して、【やけ】という読み方があてられています。

【自棄】の意味は、「思うように事が運ばず、前後の見境もなく乱暴になること」です。
「自棄酒(やけざけ)」などで使われることがありますよ。

(2)【主面】の読み方と意味


次にご紹介するのは、【主面】です。
そのまま読むと、【しゅづら】や【しゅめん】と読めそうですが…。

【主面】は、【しゅうづら】と読みます!
【主】は【しゅ】だけでなく、音変化で【しゅう】と読めるんです。

意味は、「まるで主人ぶったような顔つきや態度のこと」。
漢字の組み合わせからなんとなく想像できる意味で、一度聞くとなかなか忘れないかもしれませんね!

(3)【反故】の読み方と意味


最後の問題は、【反故】です。
そのまま読むと【はんこ】ですが…?

答えは、【ほご】です!

反故は「書画などを書き損じた不要の紙」や「転じて役に立たない物事」、「約束などをなかったことにしたり、物事を無駄にすること」という意味をもちます。

ちなみに【反】には「ひっくり返る」や「逆のことをする」という意味があり、【故】には「古びている」や「使い古し」という意味がありますよ。
漢字単体の意味を知っていれば、なんとなく熟語の意味が想像できますね。


今回は、読めそうで読めない熟語の読み方や意味をご紹介しました。
あなたはいくつわかりましたか?

次回の難読漢字もお楽しみに!

(liBae編集部)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 5/12 12:35
  • liBae

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます