いつものひとつ結びなのに脱オバサン!意外なワザって?【美容師のプチテク】

拡大画像を見る

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/221857/ )

先週に引き続き、オバ髪向けのヘアアレンジのご提案です。今回は、最も需要のある1本結び。おろし髪がジャマなとき、時間がなくてスタイリングに時間がかけられないとき、ササっとまとめられる1本結びは本当に便利ですよね。

でも、髪にボリュームがなくなってきたアラフォー女性の場合、全体をタイトに結ぶとなんだか貧相な仕上がりになっちゃうし、トップの髪を引き出してみるとボサ髪になっちゃう。

そこで、オバ髪でもふんわり感ときちんと感が出せる、究極のテクニックをご紹介。

その名も「なんちゃって1本結び」と「万能シニヨン」!

 

なんちゃって1本結び①コームを使って耳上の髪をタイトにまとめる

耳から上の髪を手グシでまとめたら、サイドの髪はコームを使ってタイトにして。サイドとえり足がピシっとまとまってるときちんと感が出せます。

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/221857/ )

コームの側面にハードスプレーをかけておくと、コームを外してもほつれずにキレイにとかせます。

 

②1でまとめた髪を結んでハーフアップに

両サイドの髪をきちんとまとめたら、耳上の髪をゴムで結んでハーフアップに。ゴムはシリコンゴムを使い、結び目が大きくならないようにします。

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/221857/ )

ゴムが下にたるんでこないようにキツく結ぶ。結んだあとに毛束を左右にさいて、ゴムの結び目を上にスライドさせて。

 

③ゴムを片手でおさえながらトップの毛束を引き出す

トップ中心と左右2本ずつの毛束を引き出します。引き出す束はひとつまみ。毛束を真上に引っ張るのはダメ。根元に向かって毛束をずらす感覚で。

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/221857/ )

引き出すときはゆっくりと。ゴムから少しずつ抜くような感覚を心がけて。

 

④残りの髪をハープアップした髪と一緒に結ぶ

下に残した髪とハーフアップした髪を一緒にまとめて1本結び。えり足はコームを使ってキレイに整えて。ここは少し太めのゴムを使いましょう。

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/221857/ )

まずは手グシで髪を数回かきあげて1本にまとめる。さらにタイト感を与えるため、えり足のみコームを通して。

 

FINISH

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/221857/ )

毛束を上下に分けてから1本結びすることで、髪が崩れにくく、長時間キレイ状態がキープできます。また、1本結びでトップの髪を崩すと、全体の髪も崩れがち。この方法ならハーフアップのときに崩れても、最後にまとめるときに崩れを補正できるので問題ありません。RUALAのお客様の間でも、このテクニックは大好評!

 

次は、誰でも簡単に作れる、万能シニヨンの作り方です。

万能シニヨン①全体の髪を1本にまとめてゴムおだんごをつくる

顔まわりの毛束を多めに残し、全体の髪を高めの位置でゴムで結びます。最後のゴムを通すとき、毛束をわっか状のおだんごの形に。この毛束をゴムに通さないで手を離せば、写真のようなゴムおだんごになります。

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/221857/ )

写真のように、まとめた毛束からほつれ毛が出ていてもOK。サイドとえり足はたるませず、他はラフに仕上げて。

 

2 残した毛束をゴム周辺にグルグルっと巻きつける

残した毛束を軽くねじり、一気にゴム周辺に巻きつけて。毛束がずれないように、片手でおだんご部分を下におさえながら巻くのがコツ。毛先まで少しキツめにねじりましょう。

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/221857/ )

ねじった毛束を持ち上げ、反対方向に巻くのがポイント。下から毛束を巻きつけるとおだんごが浮き上がりすぎる場合も。

 

3 毛先まで巻いた毛束をピンで固定

毛先はピンでしっかりとめましょう。毛束をおだんごの内側におし込んで、その上からピンをさすのがオススメ。ピンがおだんごの中に隠れるので見た目がキレイ。もちろん、普通にとめるよりも取れにくく、ピンを数本使う必要がありません。

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/221857/ )

ピンは下から上にさす。細い毛束をさす場合、太めのピンを使うとすき間から抜け落ちやすいので、小さいピンを使う。

 

4 顔まわりの毛束をアイロンで外巻きに

毛束を根元から毛先に向かって外巻きに。アイロンは斜めに倒すのがポイント。また、顔まわりの毛束は全部まとめて巻かないで、2つに分けて巻いた方がキレイなカールがつくれます。

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/221857/ )

アイロンはどの太さでも問題なし。巻く前にオイルなどをつけて髪に水分を与えておくと、よりキレイな束がつくれる。

 

5 巻いた毛束を指でほぐしてスプレーを

毛束をほぐしたら、束の中間を狙ってハードスプレーをかけます。ふんわり髪は長持ちしにくいので、ハードスプレーをかけておくのがベスト。少しずつプッシュして、髪の中間〜毛先にまんべんなくスプレーしましょう。

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/221857/ )

毛束にスプレーをしたら、髪全体を手で後ろになびかせる。最後に内側の毛束を軽く耳にかける。

 

FINISH

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/221857/ )

おだんごは慣れれは1分もあればすぐにできます。そのぶん、サイドのニュアンスカールに時間をかけてあげましょう。透け感のあるふんわりカールがつくだけで、シンプルシニヨンが一気に華やぎます。シニヨンは簡単に手直しできるので、崩れてきてもすぐに直せるのも高ポイントです。

 

教えてくれたのは・角 薫さん(RUALA)

原宿・表参道の著名サロンを経て、20年共に一緒に働いてきた同期のちはるさんと一緒に2016年サロンオープン。髪のコンプレックスを解消させるヘアデザインが得意で、同世代の女性顧客を大勢抱えている人気女性美容師。

関連リンク

  • 5/11 23:00
  • OTONA SALONE

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます