結婚してよかった…♡夫が妻に対して「愛してる」と思う瞬間とは【日常編】

夫は、妻に対してどんな時に「愛してる」と感じるのでしょうか。
「結婚してよかった」と少しでも思ってもらえれば、それだけで夫婦円満でいられます。

今回は、日常生活で夫が妻に対して感じた瞬間を4つまとめてみました!

(1)子どもの面倒を一緒に見ている時



子どもの面倒を一緒に見ている時、子どもに対してはもちろん妻に対しても「愛してる」と感じています。
妻と結婚していなければ子どもにも出会えなかったので、妻に感謝の気持ちでいっぱい。

子育てをしながら家事を頑張る妻に、日に日に愛情が高まる夫が多いようです。

(2)毎日おいしい料理を作ってくれている時



毎日家族分の食事を作るのは、想像以上に大変です。
さらに、栄養バランスを考えようとすると、頭がパンクしてしまうこともしばしば……。

そんな状態でも、毎日おいしい料理を作って待ってくれる妻の存在は、夫にとって大きいです。
子どもができて賑やかになっても、おいしい料理を作ってくれる妻に対して、「愛してる」という気持ちが強くなっています。

(3)いつも笑わせてくれる時



いつも笑わせてくれる妻のいれば、落ち込んでいても元気が出てきます。
一人暮らしや付き合っている時には感じなかった心強さを感じて、妻のことが愛おしくなるようです。

一緒にバラエティ番組を見たり、どうでもいい冗談を言い合ったり、何かしら笑いに包まれる空間があるのはいいことなんですね。

(4)通勤着や荷物など準備物を忘れずに用意してくれる時



夫がスーツ出勤の場合、毎日アイロンがけしたシャツやネクタイを用意する妻も多いです。
また、出張がある時は、お泊りグッズなどスーツケースに入れて準備することも……。

準備物を完璧に用意してくれる妻に、夫は感謝の気持ちでいっぱいです。


「愛してる」と言葉には出さなくても、日常的に感じている瞬間はたくさんあります。
「言葉に出してもいいんだよ」という本音もありますが、皆さんが思っている以上に夫にとって妻の存在が大きいのです。

(恋愛jp編集部)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 5/11 20:35
  • 恋愛jp

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます