『クワイエット・プレイス 破られた沈黙』6.18公開へ “何か”が現れた<1日目>を映す本編映像解禁

 5月28日より公開予定だった映画『クワイエット・プレイス 破られた沈黙』が、新型コロナウイルスの感染状況を鑑み、公開日を変更して新たに6月18日より公開されることが決定した。併せて、人々を襲う“何か”が現れた<1日目>を捉えた衝撃の本編映像が解禁された。

 2018年に全米で公開され、低予算ながら、全米累計興収1億8800万ドル以上を稼ぎ出し、2018年度No.1(Box Office Mojo調べ)ヒットホラーとなった前作『クワイエット・プレイス』。「音を立てたら、即死。」というキャッチーコピーで、日本でもヒットを記録した。

 続編となる本作は、前作同様、母親エヴリン役を実力派女優エミリー・ブラント、娘リーガン役を自身も役柄と同じ聴覚障害を持つミリセント・シモンズ、息子マーカス役を『フォードVSフェラーリ』のノア・ジュープが続投する。さらに新キャストとして、『ダンケルク』のキリアン・マーフィ、『キャプテン・マーベル』のジャイモン・フンスーが出演。エミリーの夫で、前作で夫リー役&監督を務めたジョン・クラシンスキーが再びメガホンをとる。

 舞台は、音に反応して人々を襲う“何か”の襲来によって、文明が滅び荒廃してしまった世界。前作で息子ボーと夫リーを亡くしたエヴリン(エミリー)は、生まれたばかりの赤ん坊と2人の子どもたちを連れ、燃えてしまった家を後に、避難場所を探すため出発する。新たな謎と脅威にあふれた外の世界で、いつ泣き出すかわからない赤ん坊を抱えさまよう一家。突然“何か”の襲撃に遭い、廃工場に逃げ込んだ彼らは、謎の生存者エメット(キリアン)に遭遇する。彼との出会いを発端に、一家の運命は激しく動き始めるのだった…。

 今回解禁されたのは、平和だった街に“何か”が現れた最初の1日目を捉えた衝撃の本編映像。エヴリン(エミリー)は運転中、町が騒然とし始めたことに不安を感じるが、子どもたちには笑顔で「心配しないで」と話しかけながら車を走らせていた。すると、突如“何か”が車のフロントガラスに落下、そして瞬く間にエヴリンたちに襲い掛かってくる。

 突然の出来事に動揺しながらも“何か”から逃げ、逃げ惑う人々で混乱した道の中を進むエヴリン。すると、助手席に座っていた息子・マーカス(ノア)が、外に夫のリー(ジョン)がいると訴え、エヴリンはリーのもとへ行こうとする。その直後、前方から制御不能になったトラックが猛スピードで迫り、エヴリンが衝突しないよう急いでバックするところで映像は終了。果たして、エヴリンたちの運命は…。

 いつ泣き出すかわからない赤ん坊を抱え、避難場所を求めさまようエヴリンと家族は、“音を立てたら、超即死”の世界を生き残る事が出来るのか。前作を遥かに越えるスケールで、ヒロインをさらなる沈黙不可能な状況へ追い込む本作に注目だ。

 映画『クワイエット・プレイス 破られた沈黙』は5月28日より全国公開。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 5/11 12:00
  • クランクイン!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます