【種類別】ナイトブラの効果的な付け方!基本タイプのViageや前ホックタイプのAgeluなど

ナイトブラを正しく付けないとどうなる?

美しいバストラインをキープするために着用する「ナイトブラ」。今や女性にとって、身だしなみの一つとも言われています。ところがこのナイトブラ、誤った着け方をすることでバストに悪影響をもたらすことをご存知ですか?

ナイトブラの機能を最大限に活かすためには、正しい着用は必須。ナイトブラを着ける際のNGアクションを見ていきましょう。

○1. クーパー靭帯が痛み、バストが垂れやすくなる

バストは乳腺脂肪、それらをまとめるように支えているクーパー靭帯などで構成されています。クーパー靭帯は重いバストを上に吊り上げるような役目があり、バストのかたちやハリを保っています。

ところがこのクーパー靭帯、上下の激しい運動に弱く、伸縮性もあまりないことから一度伸びてしまうと残念ながら元に戻ることはありません。年齢を重ねることでバストが垂れてしまうのは、このクーパー靭帯の劣化が原因の一つと考えられています。

そのクーパー靭帯を支え、バストを上向きに補正するのに適しているのが「ナイトブラ」です。ところが、サイズが正しくなかったり、着用の仕方を間違えると締め付けが強くなり、クーパー靭帯を傷つけてしまう恐れがあります。

○2. バストが流れて、脇や背中に脂肪がつきやすくなる

バストのサイズに合っていないナイトブラを着用すると、本来バストに集まるはずの肉が脇や背中に流れ、ぜい肉となって定着してしまうことがあります。胸が小さい、寄せる肉がないと感じている人の多くは、誤ったサイズのブラの着用が原因であることも。

背中や脇周りの贅肉が目立つと姿勢が悪く見え、老けた印象を与えがち。バストサイズを把握し、自分にぴったりのナイトブラを選ぶようにしましょう

○3. ナイトブラの持ちが悪く寿命が早くなってしまう

ナイトブラの誤った着用は、バストのみならず、ナイトブラそのものの劣化を促すことがあります。締め付けがキツすぎることにより生地に負担がかかりほつれや生地の伸びをもたらすことも。ナイトブラを長く使うためにも、正しいサイズ選びは必須と言えますね。

【4ステップ】基本的なナイトブラの効果的な付け方とポイント

幅広い世代の支持を集める『viage(ビアージュ)ナイトブラ』や、下着メーカーならではの工夫が施された『ワコール ナイトブラ』、補正下着のトップメーカー『ブラデリスニューヨーク』、小胸さん設計が人気の『Lina(ルーナ)』は、ノンホックの筒形タイプが特徴です。機能やデザイン、素材は異なりますが、筒状のナイトブラ の付け方はほぼ同じ。基本のナイトブラの付け方をおさらいしていきましょう。

○1. ナイトブラを下から履く

筒状になっているタイプが多いナイトブラは、日中のブラと異なり、足元から履くように着用します。このとき無理に引っ張ると生地を傷める可能性があるので要注意。また、転倒防止のためには壁などに片手をつきながらの地着用が◎。

○2. 前屈みになってお肉を集める

前屈みの姿勢をとり、お辞儀をするような角度で脇周りの肉をバスト周りに集め、カップに入れます。続いて背肉の肉をバストにたぐり寄せるように集め、同様にカップに入れます。反対側のバストも同様に。

○3. まっすぐ立って整える

上半身を起こし、真っ直ぐに立ったらカップの底面を押さえ、左右のバストを内側から引き上げます。このとき、脇からぜい肉が漏れていたら、カップに入れ込みます。

○4. カップに収まっているか確認する

ナイトブラの着用は、次の3つのポイントで正しい着用をチェックすることができます。

1. 肩とひじの真ん中よりもバストトップが高くなっている
2. アンダーの位置が床と平行になっている
3. 鎖骨中央のくぼみとバストトップを結ぶ線が正三角形「ゴールデントライアングル」になっている

"肩紐ストラップ付き"ナイトブラの付け方のポイント

人気ナイトブラのひとつ『ハグミー』に代表される肩紐ストラップ付きのナイトブラの場合、ナイトブラを下から履き、腕を通してお肉を集めたあとに肩紐ストラップを調節する必要があります。ストラップの締め付けがキツすぎると血流が悪くなったり、肩こりを引き起こすこともあるので、かならずストラップ調整をしましょう。

ストラップを軽く上げ、2〜3cm余裕がある長さが理想的です。商品によっては着用後の調整が難しいタイプもあるので、その場合は着用前に調整をしましょう。

"前ホックタイプ"ナイトブラの付け方のポイント

『Angellir (アンジェリール)ふんわりルーム』や、『agelu(アゲール)ナイトブラ』のように、フロントホックが付いているタイプのナイトブラの付け方は、下からはき、バストの位置にナイトブラを引き上げたらフロントホックを止めてから前屈みの姿勢を取ります

あとは基本の着け方同様に、脇周りと背中のぜい肉をバストに集めてカップに収めていきます。正しい着用の3つのチェックポイントも忘れずに。

おすすめの人気ナイトブラ6選

ナイトブラの付け方を覚えたら、自分に合うアイテムを探してみましょう。初心者さんにおすすめの6点をピックアップしました。リラックスしたい人向け、ホールド力を求める人向けに分けてご紹介します。

○ナイトブラ初心者さんにおすすめ!リラックス重視タイプ

イージーナイトブラ

クロス設計でバストの広がりを防止!バストを中央にキープして美しく

補整下着の専門店として人気の『BRADELIS New York(ブラデリスニューヨーク)』のナイトブラ。クロス設計で外側から中央にバスト寄せて持ち上げ、寝返りをしても横に広がらずに美しい形をキープします。さらに、程良く体にフィットするソフトファイバー生地と、バストを支える幅広アンダーがナイトブラをずり上がりにくくするので、ストレッチなど軽い運動やリラックス時などの日中の使用にもおすすめです。また、転写ネームで洗濯タグのチクチク感がないのも◎。

VIAGE(ヴィアージュ) ビューティアップナイトブラ

快適な使用感と補正機能にこだわったナイトブラ

バストを包み込む3D構造ゴム編み設計が特徴の『ビューティーアップナイトブラ』。ゴム編みは高い伸縮性があり、バストをしっかりと補正しながらも楽なつけ心地が魅力です。また、背面着圧強化設計と脇高設計で、脇や背中のお肉もバストにしっかりと集めて、胸高設計で上からもバストを逃さずに丸みのあるお椀型にキープします。肌当たりの良いシンプルなデザインと刺繍タイプの洗濯タグでチクチク感がないのも◎。

○バストをしっかりホールド!バストケア重視タイプ

Celle Bra(セレブラ)

美容外科医が開発!適度な着圧でバストをキレイに補正

バストの相談を数多く受けてきた医師が開発したナイトブラ。呼吸で膨らむ部分やリンパの集まる部分の圧は弱く、筋肉や脂肪の多い部分の圧は強くなっているので、睡眠時にも快適に補正することができます。さらに、クロスリフトパネルが肩甲骨を寄せてバストを吊り上げる筋肉を刺激し、垂れ胸の原因となる巻き肩も補正。寝ている間の美姿勢をサポートしてくれるのも魅力です。また、トップアーティスト『plantica(プランティカ)』が手がけたおしゃれなデザインも◎。

エレアリーナイトブラ

幅広アジャスターでバストをグッと持ち上げて上向き美バストに

黄金比と呼ばれる上向き美バストを作れる『エレアリーナイトブラ 』。30mmの幅広バストアップアジャスターが、肩に負担をかけずにバストをグッと持ち上げます。さらに、脇に流れるバストもしっかり包み込んでキープするサイドボリューミーアップ構造や、背中から脇にの下にかけてのお肉をリフトアップする脇高構造など機能性も抜群。また、吸湿速乾生地で就寝時の汗がサッと乾き蒸れにくいのも魅力です。

○リラックスタイムの着用にもおすすめ!キャミソールタイプ

すっぴんナイトブラ

ツルツルサラサラで着け心地&肌触り抜群のナイトブラ

補正下着メーカー『ラディアンヌ』ならではの「寄せ上げグリップパッド」により、垂れ胸も離れ胸も脇肉もしっかりホールド。伸縮性の高い生地は縫い目がほとんどなく、ツルツル&サラサラとした着心地が人気です。ゆったりとしていながら適度な補正力が得られるのもポイント。プチプラなので、数枚を色違いでそろえやすいのもうれしいポイント。

ゆきねえモアソフト・フロントクロスシェイプブラキャミ YH520101

お腹もソフトにシェイプ!伸縮性と通気性に優れたブラキャミ

バストの底辺に沿った特許取得のメッシュテープが、ワイヤーの代わりにしっかりとホールドしてバストの下垂を防止。クロス構造とバスト周りに施された補整機能がバストの横流れ防ぎ、綺麗な上向きバストにしてくれます。また、フロント部分に裏打ちされているパワーネットが腹部をソフトにシェイプし、背面は広い面で押さえることでスッキリとした後ろ姿になるのも嬉しいポイント。外出時だけでなく、昼間のリラックスタイムやナイトブラとしてもおすすめです。

・▼おすすめのナイトブラをもっと知りたい方はこちらをチェック

【2021】ナイトブラのおすすめ人気ランキング20選!口コミや効果をチェック

・▼大きいサイズのおすすめナイトブラを知りたい方はこちらをチェック

大きいサイズのナイトブラおすすめ25選|Hカップや5Lサイズ、ワコールなど人気ブランド

※記載している商品情報は、LIMIA編集部の調査結果(2021年5月)に基づいたものです。
※本サイト上で表示されるコンテンツの一部は、アマゾンジャパン合同会社またはその関連会社により提供されたものです。これらのコンテンツは「現状有姿」で提供されており、随時変更または削除される場合があります。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 5/11 13:18
  • LIMIA

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます