湖池屋の「罪なきからあげ」は、本当に“からあげ”の味がする?料理っぽいスナック新商品5種ぜんぶ食べてみた

拡大画像を見る

湖池屋といえばポテトチップスのイメージが強いですが、この春の注目は、新感覚のスナック菓子。コロナ禍における食生活や価値観の変化に対応すべく開発されたという3シリーズ・全5種類をすべて食べてみました。

大豆ミートとは思えないジューシーさ♪「罪なきからあげ」



「罪なきからあげ」(3月15日発売、23g入り、参考価格159円)は、2019年にコンビニ限定で発売された商品をリニューアルしたもの。

からあげ特有のジューシーさとサクッとした食感を高めて、より本格的なからあげに近づけたそうです。


口に入れると、たしかにサクッとした食感。からあげの衣のジューシーな味わいもあります。中身は鶏肉ではなく大豆ミートですが、噛んでいくと不思議と肉の旨味も感じられます。

ピリリとした黒胡椒が香ばしく、想像以上にからあげらしい味と食感で驚きました。試しにレモンをかけてみると、さらにリアルさが増したので、気になる人はぜひお試しを。

1袋112kcalで、タンパク質6.9g、糖質7.5g。高タンパク低脂質なので、小腹が空いたときはもちろん、「ダイエットしたいけど、からあげが食べたい!」というときに重宝しそうです。

これはもはや、おかず!?「ハッシュドポテト」2種



「ハッシュドポテト」(3月22日発売、筆者購入価格159円)は、「コクうま塩」(50g入り)と「クリスピーベーコン」(45g入り)、2種類の味があります。同名商品をリニューアルし、1粒の満足感をより高めているそう。

国産の生じゃがいもを細切りにし、カラッと香ばしく揚げたキューブ形が特徴です。

●「ハッシュドポテト コクうま塩」



まずはコクうま塩味を食べてみると、ザクザクほろほろとした食感。そして、じゃがいもの風味とコクがすごい!

この濃い味わいは、たしかにハッシュドポテト。おやつというより、おつまみやおかずに近い味わいでした。

●「ハッシュドポテト クリスピーベーコン」


さらに感動したのが、クリスピーベーコン味。


香ばしいベーコンチップと黒胡椒の風味がたまりません。ザクザク食感の気持ちよさに加えて、噛むごとにこのベーコンチップの旨味が味わえます。1つ、また1つと手を伸ばしてしまいました。これはハマる味!

クルトンのようにサラダにトッピングしても良さそうです。

素材にこだわりアリ!高級感ある「ポテトと料理」2種



「ポテトと料理」(4月5日発売、46g入り、筆者購入価格159円)は、「デミグラスハンバーグ」と「タルタルフィッシュ」の2種類あります。

なんでも「こだわり料理の味をポテトで包んだ湖池屋ならではの“食”スナック」とのこと。はたして味は…!?

●「ポテトと料理 デミグラスハンバーグ」


まずはデミグラスハンバーグ味を食べてみると、サクサクとした軽い食感。そして濃厚なデミグラスソースの風味が口いっぱいに広がります。トマトの酸味や玉ねぎの甘みまで感じられるところに、こだわりを感じます。

ただ、ハンバーグの味や肉感はないので、ハンバーグをイメージして食べると少し期待外れかもしれません。

●「ポテトと料理 タルタルフィッシュ」


タルタルフィッシュ味は、これまたまったく違う味わいでした。

まずガツンとインパクトがあるのが、ディルの味。サーモンなどによくトッピングされているハーブです。さらにまろやかな卵黄のコクとサーモンの風味が感じられ、まさに今までにない高級感あるスナック菓子に仕上がっています。

コロナ禍による食生活の変化に合わせて、新たな商品開発が進む昨今。気になるものがあったら、ぜひ試してみてくださいね。

(ライター/富士みやこ)

関連リンク

  • 5/11 10:00
  • リビングWeb

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます