今カレに誘われた店が「元カレと来た店」だったときの対応9パターン

お食事デートで彼氏に連れて来られた店が「元カレと来た店」だったら、多少なりとも動揺してしまうもの。だからといって、入店をためらったり、席についてもそわそわしていたら、今カレに「何か怪しい」と思われてしまうかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「今カレに誘われた店が『元カレと来た店』だったときの対応」をご紹介します。

【1】「よさそうなお店だね!」とあくまで初めて訪れたフリをする
「完璧な演技でごまかした。鈍感な彼氏でよかった」(20代女性)というように、一分の隙もなく「初来店」を装って乗り切る方法です。少しでも罪悪感を抱くとボロが出そうなので、「隠し事をするのも二人のためだ」と腹をくくりましょう。

【2】「先に頼んでてくれる?」と間を置いてひとまず気持ちを落ち着かせる
「とっさにトイレに逃げ込んだ」(10代女性)というように、頭が真っ白になってしまったら、一時的に退散するのも手です。とはいえ、あまり時間をかけるとかえって不審がられるので、不安が残っていても出て来て対処する必要があるでしょう。

【3】「ネットで見たことある」と存在だけは知っていたことにする
「どの料理がおいしいとか、うっかり話しちゃったらマズいので」(20代女性)というように、情報として知っていることにすれば、もし口を滑らせてしまったとしても安心でしょう。「○○らしいよ」と伝聞の形をとれば、怪しまれることはまずなさそうです。

【4】「どうしてこの店を選んだの?」と質問して相手に話をさせる
「店員さん、早くメニュー持ってきて!と思いながら、聞き役に回って時間を埋めた」(20代女性)というように、彼氏を質問攻めにしてしまえば、こちらはしゃべらずに済みそうです。「前から知ってたの?」などとさりげなく相手の話を引き延ばしましょう。

【5】「前に女子会で来たことがあるような…」とあやふやな発言で煙に巻く
「『どうかした?』と聞かれたので、適当なことを言ってやり過ごした」(20代女性)というように、あいまいな態度で、のらりくらりとピンチを切り抜ける方法です。「いつ頃?」などと突っ込まれる前に、なんとか相手の気をそらしたいところです。

【6】「かなり昔に一度だけ来た」と嘘を盛り込みながら過去を明かす
「誰と来たかだけ、うまくごまかせれば…」(20代女性)というように、脚色を加えれば、「来店経験がある」と白状しても問題はなさそうです。ただし、デート向けの店の場合は相手が男性なのは明白なので、別の策をとったほうが安全でしょう。

【7】「私の食べたい物がよく分かるなと思って…」と狼狽ぶりをごまかす
「『来たかった店だから驚いた』と、嬉しいサプライズってことにした」(10代女性)というように、挙動不審の理由をポジティブな話にすり替えれば、意外と納得してもらえるかもしれません。「以心伝心だね」と笑顔を見せて、彼氏を喜ばせてしまいましょう。

【8】「あなたのお陰で嫌な思い出を払拭できそう」と今カレに感謝する
「正直に話して『ありがとう』と伝えたら、ちゃんと分かってもらえた」(20代女性)というように、洗いざらい話した結果、すべてが丸く収まるケースです。元カレに未練がないことが伝われば、今カレとの距離がさらに縮まるかもしれません。

【9】「何を頼む?」と店については一切触れずにメニューを選び始める
「『お腹空いたね』と言いながら、メニュー表に顔をうずめた」(20代女性)というように、メニュー選びに没頭すれば、店の印象を語る必要もなくなりそうです。最後に「おいしかった!」と絶賛すれば、誘ってくれた彼氏をガッカリさせることもないでしょう。

動揺を取り繕う方法はいろいろありそうです。今カレとの間に溝を作る事態だけは、なんとしても避けましょう。(安藤美穂)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 5/11 10:00
  • オトメスゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます