広島で2シーズン目を迎えるFW永井龍が第二子誕生を発表

拡大画像を見る

 サンフレッチェ広島は10日、FW永井龍に第二子(次男)が誕生したと伝えた。

 永井は9日に広島県内の病院で誕生したことをクラブ公式サイトを通じて発表した。

 セレッソ大阪の育成組織出身の永井は1991年生まれの29歳。トップチームに昇格する形でプロデビューを果たすと2012年にオーストラリアのパース・グローリーFCに移籍し、国内復帰後は大分トリニータ、V・ファーレン長崎、名古屋グランパス、松本山雅FCと渡り歩き、2020年から広島でプレー。これまでキャリア通算でJ1リーグ89試合出場7得点、J2リーグ98試合出場28ゴールを記録している。

関連リンク

  • 5/10 18:39
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます