キンプリ『24時間テレビ』マラソンランナー「本命」は相葉雅紀!大穴は…!?

拡大画像を見る

 8月21日と22日に放送される『24時間テレビ』メインパーソナリティーにKing&Prince(キンプリ)が起用されることが、5月8日の『1億3000万人のSHOWチャンネル』(いずれも日本テレビ系)で、MCの嵐・櫻井翔(39)から発表された。

 今年で第44回目となる『24時間テレビ』は、「想い~世界は、きっと変わる。」をテーマに東京・両国国技館から無観客での生放送が行われる。

 キンプリメンバーでは、岸優太(25)が昨年に引き続き2年連続で大役を務めるが、平野紫耀(24)、永瀬廉(22)、高橋海人(22)、神宮寺勇太(23)は初めてのメインパーソナリティーの仕事となる。

「5月でデビュー3周年を迎えるキンプリですが、昨年に発売したシングル『Mazy Night』と『I promise』がハーフミリオンセールスを記録するなど、上り調子です。そんなキンプリが初めて、国民的な注目を集める夏の風物詩『24時間テレビ』で大役を務めるわけですから、ジャニーズ事務所も今年の放送にかける思いは相当強いのではないでしょうか」(芸能プロ関係者)

 番組を盛り上げる上で重要になってくるのが、1992年に初めて行われて以降、恒例となっている『チャリティーマラソン』だろう。

「例年なら、沿道に詰めかけたファンの声援を受けてランナーがゴールする姿が視聴者の感動を呼んでいたのですが、昨年は新型コロナウイルスの影響で中止に。代替企画として高橋尚子さん(49)が発起人となり、1周5kmを走るたびに10万円を募金する“24時間募金ラン”が行われました」(前同)

■「本命」は“匂わせ”の嵐・相葉雅紀!?

 前出の芸能プロ関係者は言う。

「『24時間テレビ』にとって、“チャリティーマラソン”は番組の根幹となるメインコンテンツで、一体感を生む意味でも非常に重要なものです。昨年は仕方ないにしても、キンプリが初めての大役を務める2021年はなんとしても実施したいと考えているでしょうし、ランナーにも話題性のある人物が起用されるのではないでしょうか」

 2年ぶりに実施されるであろうチャリティーマラソンのランナー。メインパーソナリティに匹敵するほどの話題の人が選出されると思われるが、誰になる可能性が高いのか。ワイドショー関係者は言う。

「嵐の相葉雅紀さん(38)が、“本命”と言えるのではないでしょうか。相葉さんは、2月20日に放送された『SHOWチャンネル』で、ランニングマシンを使ったフルマラソンに挑戦したのですが、30km付近でリタイアしてしまいました」

 企画終了後、MCの櫻井は「今年の夏、あるかも」とチャリティーマラソンのランナーを匂わせる発言をすると、相葉は「違う違う違う! やめようよ」と必死に否定し「お断りします」と否定的なコメントを残していた。

「チャリティーマラソンには否定的だったものの、相葉さんは完走できなかった悔しさも口にしていました。それは、企画の放送から2か月経った今も変わっていないようなんです」(前同)

 それが感じられたのは、“他局”の相葉の番組でのこと。

「5月9日放送の『相葉マナブ』(テレビ朝日系)で相葉さんは、視聴者から新たに挑戦していることはあるかとの質問に答える形で、“番組でフルマラソンにチャレンジしたんですよ”、“失敗して、足が3日間ゾンビみたいになったんだけど、それが治って走りたいんだよね”、“悔しかったの、30kmで終わっちゃったのが”と、『SHOWチャンネル』で行った企画に言及したんです。

 それどころか、相葉さんは相当悔しかったのか、“リベンジマラソンしたいのよ!”とカメラに向かって決めポーズをしながら話していました。マラソンへの熱意を失っているどころかやる気満々。『24時間テレビ』でマラソンのリベンジは十分にありそうです」(同)

■二宮和也なら『ジャにのちゃんねる』も稼働!?

『相葉マナブ』と同じ5月9日に放送された『ニノさん』 (日本テレビ系)では、断食によるダイエットが取り上げられた。

「MCの二宮和也(37)は、“俺もマジで食わないとかあったよ”と反応していました。しかも、よりによって数年前の『24時間テレビ』の前に挑戦したため、“みるみる痩せてっちゃって。『(マラソンを)いよいよあいつ走るんじゃねぇか?』みたいな”と周囲にチャリティーランナーをやるのではないかと勘違いされた経験を語っていました」(女性誌記者)

 相葉の「マラソン発言」に続き、偶然にもキンプリのメインパーソナリティー就任発表の翌日に、二宮からチャリティーマラソンが絡んだエピソードが語られたのだが、

「二宮さんがランナーの可能性もありえるでしょう。二宮さんは2019年に結婚した元フリーアナウンサーのAさん(40)との間に長女が生まれていたことを3月5日に発表していますが、パパになって仕事にもより気合いが入っていると言われています。

 その一方で、3月9日発売の『週刊女性』(主婦と生活社)によると、二宮さんは子育てのため、今年主演に内定していた主演ドラマの話が、来年以降に持ち越しになったと伝えており、今はレギュラー番組中心で、スケジュールの調整はつきそう。

 また、二宮さんは4月25日にYouTubeチャンネル『ジャにのちゃんねる』を開設しましたが、仮にランナーに選出された場合、このチャンネルと連動して練習風景を届けるといったメディア横断的な企画が実施できる強みもあります。後輩のキンプリがメインパーソナリティーを務める今回の放送を盛り上げるにはピッタリの人物ですよね」(前出のワイドショー関係者)

 嵐からランナーが出るとなれば、番組が盛り上がるのは間違いないが、だからこその懸念材料もある。

「嵐のメンバーは全員が大スター。仮に公道を走るマラソンになった場合、どうやっても密が発生してしまうでしょう。コロナ禍の今、それだけは絶対に避けたいところ。感染対策はもちろん、警備も相当大変でしょうし、そういう面から考えると、現実的には起用のハードルは高いですよね」(前同)

■過去多数選手のお笑い芸人では?

『24時間テレビ』のチャリティーマラソンのランナーを振り返ると、2018年にANZEN漫才のみやぞん(36)、2017年のブルゾンちえみ(現在は藤原史織・30)、2009年にイモトアヤコ(35)、2008年にエド・はるみ(56)といったその当時、人気が絶頂の芸人が走るケースがある。

「嵐のメンバーが起用できないとなったら、過去の事例から考えると、次に考えられるのが今が旬な芸人の起用でしょう。そうなると、今、勢いがあるだけでなく日テレへの貢献度の高さから考えて、ぺこぱの可能性は高いかもしれません。

 ぺこぱは現在、『THE突破ファイル』『有吉の壁』に出演するほか、昨年6月にジャニーズ事務所を退所した手越祐也さん(33)の後任として3月13日から『サッカーアース』のMCに就任。4月2日からは『ヒルナンデス!』の金曜レギュラーを始め、5月11日からはMCとして『乃木坂スター誕生!』にも出演しますし、ここ最近急速に日テレ番組での起用が多くなっています。

 まだまだ2人とも若く、体力面の心配もなさそう。2006年にはアンガールズの2人が揃って走ったこともあります。コンビでの起用もあり得るかもしれません」(前出のワイドショー関係者)

 構成作家は“大穴”を挙げる。

「バイきんぐの小峠英二さん(44)もあるんじゃないかと……。小峠さんも『ヒルナンデス』と『SHOWチャンネル』のレギュラーや、4月13日に始まった『ヒューマングルメンタリー オモウマい店』の進行役も務めていて、日テレへの貢献度は抜群です。

 そして、なにより5月8日の『SHOWチャンネル』での出来事が気になります。櫻井さんがメインパーソナリティ就任を伝えるため、エレベーターから出てくるキンプリを捕まえようと待ち伏せしていたところ、小峠さんが出てきてしまったんです。

 小峠さんも櫻井さんもキョトンとして偶然を装っていましたが、いくらなんでも出来すぎでしょう。演出ではと考えられますし、もしそうだしたら、この出来事が伏線となって、小峠さんがランナーにという流れがあるかもしれません」

 嵐の相葉、二宮、そして、人気芸人のぺこぱと小峠。はたまた別の人が選出されるのか――。

「昨年の“24時間募金ラン”は高橋さんのほかにも吉田沙保里さん(38)、野口みずきさん(42)、松本薫さん(33)、陣内貴美子さん(57)、さらに土屋太鳳さん(26)と豪華な面々が集まったのですが、公道ではなく1周5kmのテストコースを延々と走るとあって、画代わりもせず、さらに24時間といいながら深夜帯も実施しなかったために、“何の意味があったの?”“意味の分からないマラソン企画はもう辞めたほうがいい”など厳しい声も上がり、評判が良くありませんでした。

 コロナ禍でもあり、番組サイドも熟慮するところでしょうが、マラソン企画がないと、24時間続く番組に1本の軸が通せないといいます。今年は、やはりチャリティーマラソンが復活するのではないでしょうか」(前同)

 果たしてチャリティーマラソンのランナーを務めるのは誰なのだろうか。

関連リンク

  • 5/11 8:20
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます