King&Princeが「次の嵐」当確!「24時間・ドラマ・CM」5つの相似形

拡大画像を見る

 5月8日、2021年『24時間テレビ』(日本テレビ系)のメインパーソナリティーを、King&Prince(キンプリ)が務めることが同局の『1億3000万人のSHOWチャンネル』で発表された。

 この発表は、『SHOWチャンネル』MCである嵐の櫻井翔(39)が、なにも知らないメンバーにサプライズで告げる、という形で行われた。

「実は櫻井は、24時間テレビのメインパーソナリティを6回務め、最多記録保持者だった。そのため、日テレは櫻井に告知を依頼したんです」(制作会社関係者)

『SHOWチャンネル』のロケという名目で呼び出されたキンプリメンバーは、エレベータ前で待ち構え、重大発表を匂わせる櫻井に対して、

「怖い怖い!」「僕らデビューはしてますよ!?」「(櫻井の)ダブルのジャケットが、だんだん悪徳商法される方みたいに見えてきた!」と戦々恐々としていたが、『24時間テレビ』パーソナリティ就任を告げられると一同驚愕。平野紫耀(24)は予想外の告知に、「メインパーソナリティーってあの……メインで出られてる方々?」と、持ち前の天然ぶりを全開。

「先輩の櫻井から直々に通告される、という後輩ジャニーズにとっては最高のサプライズでした。しかも、同時に5月23日からキンプリは、グループ初冠番組である『King&Princeる。』が、Huluと関東ローカルで始まることも告げられ、非常に盛り上がっていました。“番組から言い渡されるさまざまなむちゃぶりにキンプリが体当たりで挑む”という内容だそうです」(前同)

■有言実行でスノに逆転勝利

 キンプリは15年にJr.内ユニットとして結成し、18年にCDデビュー。若手ジャニーズグループとして人気を誇っていたが、ここ最近は12年に結成し、昨年1月に遅咲きのデビューしたSnowManに追い抜かれているともいえる状況だった。

「今年2月9日発売の『週刊文春』(文藝春秋)は、3月発売の21年度のグループ別カレンダーの売上が、キンプリは15万部なのに対して、SnowManは予約だけで20万部を超えていることを報じています。冠レギュラー番組も、昨年にParavi配信の『それSnowManにやらせて下さい』に先を越されたうえ、今年4月11日には同番組がTBSの昼番組へと昇格し地上波レギュラー化。それだけに、今回の24時間テレビメインパーソナリティ就任と冠番組決定は、キンプリにとって再ブーストとなることでしょう」(女性誌記者)

 今年1月2日に行われた舞台『DREAM BOYS』の講演後会見で行われた書初めで岸優太(25)と神宮寺勇太(23)はそれぞれ、

「いつかは時代に革命を起こしたいですし、ファンの方にも革命を起こすくらい驚かせたい」 「今年は“磨き年”にしたい」

 と話していたが、まさに有言実行と言える。

 4月28日には、メンバー全員で出演となるNintendo Switchの冒険RPG『ミートピア』のCMも公開。リビングでメンバーがMii(アバター)を作成したり、自然な雰囲気でワイワイゲームで盛り上がる様子が実に楽し気なCMは、すでに大きな注目を集めている。

■高橋海人の演技力に注目

「3月末で岩橋玄樹(24)がグループを脱退、退所したのは残念でしたが、グループはこれからも問題なさそうですね。それに、キンプリは半ば平野一強状態になりかけていたのを打破して、永瀬廉(22)、高橋海人(22)、岸優太、神宮寺勇太ら全員がそれぞれ飛躍的に成長しつつあるんです。ソロ仕事にも、今後は期待が持てますよ」(前出の女性誌記者)

 キンプリは18年の『花のち晴れ~花男 Next Season~』(TBS系)で平野が主人公(杉咲花)の相手役を務め、その主題歌がデビュー曲で代表曲の『シンデレラガール』だったこともあり、平野だけが極端に注目されるようになってしまった時期もあった。

「しかし、高橋が俳優枠で追い上げている。昨年には『姉ちゃんの恋人』(フジテレビ系)で素の高橋に近い雰囲気の穏やかな好青年を演じたかと思えば、今年4月から放送開始の『ドラゴン桜』(TBS系)では、阿部寛(56)演じる弁護士を学校から追い出そうとするダークな表情を見せて、演技の幅を感じさせました」(前同)

■永瀬は朝ドラでブレイク間違いなし

 永瀬も、昨年8月14日の映画『弱虫ペダル』では気弱なオタクながら、天才的な自転車競技のクライマーの才能を持つ小野田 坂道(おのだ・さかみち)を好演。斜度20度の激坂をアニソンを歌いながら登ったり、海岸で、隊列を組みながら何キロも走る場面を演じ切り、フィジカル面でも期待が持てる。永瀬は本作で第44回日本アカデミー賞新人俳優賞に輝いた。

「今年5月17日放送開始のNHK連続テレビ小説『おかえりモネ』では、清原果耶(19)の同級生で周囲にモテモテの漁師見習い・及川亮を演じる予定です。朝ドラのセオリーとしては“主人公と恋に落ちたり結婚する”“友達として主人公の力になってくれる”の2タイプが王道ですが、どちらのルートでも、注目を集めることは間違いない。役者・永瀬の決定打となること請け合いです」(専門誌記者)

 岸は今年6月放送予定の『ナイト・ドクター』(フジテレビ系)に出演が決まっているが、主にバラエティ番組で活躍する姿が印象深い。『24時間テレビ』についても、岸のみメンバーに先駆けて昨年に『24時間テレビ』でパーソナリティの1人としてるV6の井ノ原快彦(44)、NEWSの増田貴久(34)、Kis-My-Ft2の北山宏光(34)、ジャニーズWESTの重岡大毅(27)らに混ざって活躍していた。

「『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)でTOKIO・城島茂(50)と師弟のような関係になったり、『24時間テレビ』の制作発表会見では井ノ原について“安心感というか優しさが(ある)。連絡先交換した時に『なんでも相談して』とおっしゃってくれて”と話していたり、先輩ジャニーズらとの関係も好調で何よりです」(前同)

■神宮寺も「ラスボス力」で一気に知名度上昇

 最後に、神宮寺。メンバーの中でも若干影が薄い神宮寺だったが、それはもう過去の話となりつつある。転機となったのは、昨年1月18日から不定期で放送がはじまった『名所から一番近い家』(テレビ朝日系)で、初単独MCに就任したことだ。

「関連して、テレ朝のバラエティ番組に番宣で出演する機会が増えたんですが、出るたびに嫌味のない天然キャラが爆発して、どんどん知名度向上中です。最近では、5月8日に『ノブナカなんなん?』(テレビ朝日系)で“意外な職業の美女”の職業を当てるクイズで“僕のオリジナルなんですけど、トータルコーディネーターみたいな?”というよく分からない答えを出して千鳥のノブに“キンプリって天然は岸(優太)だけじゃないの?”とされていました(笑)」(前出の専門誌記者)

 これまであまり表に出てこなかったが、実は神宮寺はキンプリでも屈指の天然キャラらしく、5月10日放送の『帰れマンデー見っけ隊!!』(テレビ朝日系)では本人が、メンバーに“ラスボス”と呼ばれていることを明かしている。

「初期こそ偏りがありましたが、いまや5人全員が均等にオールスターになりつつある。SMAPや嵐のように、グループではバラエティ番組、個人でも演技やMC業を着実に増やしていく方向で成長していくのを、ジャニーズ事務所や日テレは期待してるのではないでしょうか。今回の24時間テレビへの抜擢で、それが明確になりましたよね」(前同)

 今年4月23日放送の『A-Studio+』(TBS系)に高橋が出演した際は、グループとしては「世界に行きたい」と語っていた。今年は8月21、22日に放送される『24時間テレビ』。キンプリはMCの大役を成し遂げ、そのままの勢いで世界へ向かって躍進してほしい!

関連リンク

  • 5/11 7:25
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます