斎藤工、生徒たちと手作り発表会に奮闘!“河川敷合唱シーン”メイキング映像公開

拡大画像を見る

一年前の春、2020年コロナ禍となった多摩川沿いの町で暮らす人々の、些細で尊い人生に光を当てたHuluオリジナル『息をひそめて』(全8話)がHuluで全話配信中。このほど、最終話の多摩川河川敷の合唱シーンのメイキング映像が公開された。

今世界中から注目を集める日本の若手映画監督・中川龍太郎がメガホンをとった本作には夏帆、村上虹郎、安達祐実、三浦貴大、瀧内公美、光石研、斎藤工ら、日本のドラマ・映画を支える個性豊かな実力派俳優陣が集結。そこに石井杏奈、蒔田彩珠、萩原利久、長澤樹、横田真悠、小川未祐といった次世代を担う期待大の若手が勢揃いした。この豪華な面々が一堂に会し“いま”を生きる市井の人々の姿を時に繊細に、時に力強く演じ、明日への希望と人と接することの温かみを感じられる作品となっている。

第1話・増田妃登美(夏帆)は祖父の食堂を引き継ぎ、緊急事態宣言前までは順調に客足を伸ばし、町に定着しつつあった食堂の店主。第2話・大学生の高岡七海(石井)は帰りたい場所もなくひとり学生寮に留まり、多摩川河川敷で出会った中学3年生の筒井涼音(長澤)を学生寮に誘う。第3話・ごみ収集員の宮下心平(村上)と会社員の松崎妃美(安達)はマッチングアプリで出会い、お互いの心の隙間を埋めようとする男女。第4話・三隅夕河(蒔田)は大学進学を控えるも、父・雅人(光石)との窮屈な日々の暇つぶしに宅配の配達員を始め、好きではなかった生まれ育った町に思いをはせる。第5・6話・リモートワークになった十和田淳(三浦)と皐月(瀧内)の夫婦は24時間顔をつき合わせる生活で1mm単位で徐々にズレが生じ始める。第7・8話・高校3年生の諏訪珠美(小川)と高校教師の水谷光生(斎藤)は合唱部の部活動を通して、建前で生きる今までの自分自身と向き合い始める、など2021年今日現在、いまだ終息の兆しが見えづらい私たちの暮らしと重なり、フィクションとノンフィクションの境目が曖昧になるほどに、登場人物の誰かに自分自身を重ね合わせることができる。

第8話は第7話から1年が経ち、コロナ禍の終息の兆しが見え始めた未来を舞台に描かれている。今、自分たちができることは何なのかを考えた斎藤演じる水谷先生が、合唱部の生徒たちに、自分たちで発表会を開催しようと提案。曲目は、昨年コロナ禍で中止となった合唱コンクールで歌う予定だった「君のうた」。

メイキング映像では、斎藤を中心に、発表会のために河川敷にフラッグを装飾しようと、生徒たちが力を合わせて楽しそうに準備をする様子や、演奏メンバーと生徒たちとのコミュニケーションをとり、その場の空気をひとつに合わせようとする姿が垣間見られる。実は、合唱メンバーは事前に音楽担当のharuka nakamuraと合唱の練習を重ねたが、演奏メンバーと合わせるのは撮影当日が初めてで、ぶっつけ本番さながらに撮られており、まさにセッションとなった映像が本編で観ることができる。

そして、応援コメントも到着。以下に紹介する。

<浅野いにお(漫画家)>
今だからこそ巡ってきた出会いがあり、伝えられた思いがある。世界が変わってしまったことを前向きに見つめ直すことができる、小さな希望のような作品です。

<佐久間宣行(TVプロデューサー)>
社会とはそれぞれの生活の集まりで、そこには切実な苦しさや悲しさがある。その一つひとつを見つめていくこの作品の眼差しは、決して甘くない。しかしだからこそ、登場人物一人ひとりの決意や不意の優しさに、胸が熱くなる。見れてよかった。

<笠井信輔(フリーアナウンサー)>
登場人物たちは皆マスクをして、コロナの困難、ストレスの中にいる。それを見守る多摩川の流れが温かい。川のそばに住みたくなった。自分の母校が舞台になっているから? それだけじゃない。1話30分の別々の物語が最終話に一つの流れになる奇跡と癒し。これはまさに、今の私たちの物語なのです。

関連リンク

  • 5/11 6:00
  • テレビドガッチ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます