鷲見玲奈、“古巣が戦々恐々”の「女子アナ暴露本」激震中身とは?

拡大画像を見る

「ポスト田中みな実」も今や語りぐさ。鳴り物入りでのフリー転身から1年、バラエティ番組でぶっちゃけキャラで爪痕を残し、グラビアでは推定Gの爆裂バストを武器に悶絶させてきた鷲見玲奈(30)のイケイケぶりはとどまるところを知らない。そして、今度は、その鷲見に水面下で大手出版社が急接近し、「古巣」のテレビ東京が戦々恐々とする、女子アナ時代の「暴露本」を出版するという情報があるというのだ。

 4月29日にカレンダー「鷲見玲奈 Sumi Reina Birthday Calendar 2021.05~2022.04」(小学館)を発売すると、わずか2日で完売。フリマアプリ「メルカリ」で出品されても速攻で買い手がつく人気ぶりなのだ。それもそのはずで、グラビア誌編集者が言うには、「4人のカメラマンが撮影を担当し、カレンダーとして異例の68ページの大ボリュームのグラビアが掲載されているんです」とのこと。

 さらにこの動きの背後では、壮絶な「暴露本」争奪戦が繰り広げられていたというのだ。女子アナのフォトエッセイと言えば、最近ではテレビ朝日の弘中綾香アナ(30)の著書「弘中綾香の純度100%」(マガジンハウス)が5万部超えのヒットを記録。いわずもがなだが、田中みな実(34)の写真集「Sincerely yours…」(宝島社)は60万部超えを果たしているが、今回は10万部狙いと鼻息も荒いというのだ。5月11日発売の「週刊アサヒ芸能」5月20日号で、その「激震モノの中身」を詳報している。

関連リンク

  • 5/10 17:59
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます