ケイト・ウィンスレット、母の決意をめぐり言い争いも 『ブラックバード』場面写真6点解禁

 女優のスーザン・サランドンとケイト・ウィンスレットが母娘役で初共演する映画『ブラックバード 家族が家族であるうちに』より、登場人物たちのエモーショナルな表情を捉えた場面写真6点が解禁された。

 本作は、安楽死を選んだ母の死を看取るために集まった家族らの姿を通して、“家族との絆と覚悟”を問いかける感動作。『マンデラの名もなき看守』や『ペレ』などで知られるビレ・アウグスト監督による傑作デンマーク映画『サイレントハート』(2014・未)を、同作の脚本家であるクリスチャン・トープが自身でアメリカ映画として脚色し、新たな物語を紡ぎ出した。監督は 『ノッティングヒルの恋人』や『恋とニュースのつくり方』のロジャー・ミッシェル。

 主人公リリーを『デッドマン・ウォーキング』でアカデミー賞主演女優賞を受賞したスーザン・サランドン、長女のジェニファーは『タイタニック』で世界にその名を知らしめ、『愛を読むひと』でアカデミー賞主演女優賞を受賞したケイト・ウィンスレットが演じ、二大オスカー女優が初共演。次女アンナ役は『アリス・イン・ワンダーランド』のミア・ワシコウスカ、リリーの夫ポール役を『ジュラシック・パーク』シリーズなどで活躍するサム・ニールが務める。

 ある週末の朝、リリー(スーザン)は、夫のポール(サム)と暮らす静かな海辺の邸宅に、娘のジェニファー(ケイト)、アンナ(ミア)とその家族たち、そしてリリーの学生時代からの大親友で家族同然のリズ(リンゼイ・ダンカン)を集める。しかしそれはともに楽しい時を過ごすためのものではなく、安楽死を選択したリリーが、“家族が家族であるうちに”過ごすために自ら用意した最後の時間だった。

 集った家族と友人たちは、それぞれ平静さを装いながら母の願いである最後の晩餐に参加。しかし、あるきっかけで家族ひとりひとりのわだかまりや思いが一気にあふれ、それぞれの秘密が次々と明かされていく。そして最後に家族がとった行動とは…。

 今回解禁された場面写真は、“最後の晩餐”で思い思いに着飾った家族や友人たちがリリー(スーザン)を中心に最後の家族写真を撮影する様子や、華やかなツリーを背景にほほ笑むリリーの姿を収めたもの。そのほか、ジェニファー(ケイト)とアンナ(ミア)が、家の外で母の決意をめぐって言い争う場面や、行き場の無い思いを抱えながら慰め合う様子などが切り取られている。

 映画『ブラックバード 家族が家族であるうちに』は、6月11日より全国公開。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 5/10 14:00
  • クランクイン!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます