ケガをしたカササギと仲よくなった犬 すると犬の体に驚きの変化が…!

拡大画像を見る

2020年9月、オーストラリアに住むジュリエットさんは、いつものように愛犬のペギーと散歩に出かけました。

そこでペギーが、倒れている小さなカササギを見つけたのです。

海外メディア『Metro』によると、カササギはケガをして動けない状態で、ペギーはそんな鳥を心配そうに見ていたといいます。

「このカササギを放ってはおけない」と思ったジュリエットさんは、カササギを家に連れて帰ります。

そして野生動物の専門家にアドバイスをもらい、自宅でカササギを看病することにしました。

カササギを怖がっていた犬が…?

モリーと名付けられたカササギは、予想以上に回復が早く、保護してから1週間後にはすっかり元気になったのだとか。

もともとペギーはカササギを怖がっていたため、モリーのことも最初は避けていたのだそう。

ところが一緒に暮らすうちに、ペギーとモリーは少しずつ距離を縮めていき、気付いたら大の仲よしになっていました。

ペギーとモリーは毎日一緒に遊んでいます。ボールを取り合ったり、くっついて昼寝をしたり、縁側で並んで日向ぼっこをするのも大好きです。

そんな日々を過ごすうちに、驚くべきことが起こります。

なんとペギーの体から母乳が出ていたのです。

ジュリエットさんがペギーを動物病院に連れて行くと、ペギーは妊娠していませんでした。

ぺギーがモリーのことを自分の赤ちゃんのように思っているので、母乳が出始めたようです。

ジュリエットさんはモリーが自然に帰りたくなったらいつでも飛び立てるように、常に窓やドアを開けたままにしているのだそう。

またモリーが野生でも生きていけるように、エサとなる虫の捕り方も教えたのだとか。

しかし、モリーはどうやら「自分は犬で、ペギーが母親だと思っているようだ」といいます。

ペギーとモリーのInstagramのフォロワーは1万4千人を超え、「なんて美しい友情だ」「この子たちは、愛に見た目やサイズは関係ないと教えてくれる」「見ているだけで幸せになるよ」などの声が寄せられています。

犬と鳥という、まったく違う種類の生き物なのに、完璧に心が通じ合っているように見えるペギーとモリー。

彼女たちがどんな会話をしているのか、聞いてみたいものですね。

[文・構成/grape編集部]

出典 peggyandmollyMetro

関連リンク

  • 5/10 13:57
  • grape

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます