鋭い眼光に注目! スティング娘が登場する『ジェントルメン』本編映像

拡大画像を見る

現在公開中のガイ・リッチー監督最新作『ジェントルメン』より、スティングの娘エリオット・サムナーが登場する本編映像が到着した。



リッチー監督作品ということに加えて、マシュー・マコノヒー、チャーリー・ハナム、ヘンリー・ゴールディング、コリン・ファレル、ヒュー・グラントが豪華キャストが集結していることでも話題の本作だが、本作を観る上でもうひとつ注目なのが、いま新たに多くの熱い視線を集めているロックスター2世、エリオット・サムナー。

エリオットは、元「ポリス」で「イングリッシュマン・イン・ニューヨーク」でお馴染みのアーティスト、スティングの娘。スティングといえば、リッチー監督の長編デビュー作『ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ』(‘98)で主人公エディの父JDを演じ、観客に鮮烈な印象を残した。

エリオットを含め6人の子どもがおり、エリオットの異母姉・フューシャ、エリオットの6歳上のミッキーも女優として様々な作品に参加。エリオットは俳優だけでなく、モデルとしても注目を集めているが、ミュージシャンとしての才能も発揮し、ソロアルバムを2016年にリリースしている。

今作でエリオットが演じているのは、貴族の娘・ローラ。到着した映像では、チャーリー扮するレイが、家出中のローラを説得し、友人らと麻薬に溺れていた郊外のマンションから、両親の住む邸宅に連れ帰るシーン。父親譲りの鋭い眼光が印象的だ。


『ジェントルメン』はTOHOシネマズ日比谷ほか全国にて公開中。

(cinemacafe.net)


■関連作品:
ジェントルメン 2021年5月7日よりTOHOシネマズ 日比谷ほか全国にて公開
© 2020 Coach Films UK Ltd. All Rights Reserved.

関連リンク

  • 5/10 12:30
  • cinemacafe.net

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます