横浜を空旅!都市型ロープウェイ「ヨコハマエアキャビン」に乗ってみた

拡大画像を見る

こんにちは、シティリビング編集部のこやぎです。
横浜の新名所「YOKOHAMA AIR CABIN/ヨコハマエアキャビン」が、2021年4月22日に開業しました。見慣れた景色も空から眺めてみると思った以上に楽しい! 交通手段でありながらアトラクション感覚で乗れるロープウェイを紹介します。

日本初で世界最新⁉ 都市型循環式ロープウェイ


「ヨコハマエアキャビン」は、JR桜木町駅前と横浜ワールドポーターズ前の運河パークを約5分で繋ぐロープウェイ。片道約630m(往復1,260m)で、最高高さは約40m。鉄道の廃線跡を活用した遊歩道・汽車道の上空を移動します。
全キャビンバリアフリー対応、空気の自然循環による換気システム、さらに最新式バッテリーによる冷房システムや各種安全監視システム、フルカラーLEDによる演出照明など様々な分野で泉陽独自のノウハウと技術を結集した最先端の機能を備えています。(公式HPから一部抜粋)

チケットは大人片道1,000円。往復券や大観覧車「コスモクロック21」とのセットチケットもあります。

 

乗って分かる!最先端キャビンとみなとみらいの景色



こちらは運河パーク駅の駅舎。開業から数日後の昼間に訪れると、約30分待ち! チケットは、建物内の有人カウンターまたは券売機で購入できます。現金・クレジットカードのほか交通系ICカードも使えます。


待ち列は、お客さん同士の間隔をとっているためとても長く見えますが、進みは早かったです。(この日は30分待ちと言われましたが、およそ15分程で乗ることができました)


キャビンに乗る手前の改札で、チケットの二次元コードをかざします。


乗降エリアでは、スタッフの方が案内&扉の開閉をしてくれました。


キャビンは全部で36台あり、1キャビン8人乗り。ガラス窓ということもありますが、体感的にはとっても広々! 現在は、感染症対策のため1グループ1キャビンでの利用です。


乗車後、徐々にスピードがあがり、いよいよ空へ飛び立ちます! 視界がひらけた瞬間、思わず「わぁ~ッ!!」と感動の声がもれました。


大きな空が目の前に広がり、横浜の観光スポットもあちらこちらに、見えてきます。


晴れの日も雨の日も、何度も歩いた汽車道の上空を散策する日が来るなんて…!


キャビンの中には換気孔があり、空調完備されてるので快適。揺れもあまり感じません。


すれ違うキャビン内もほとんど見えないので、景色を眺めるのに集中できました。


見たことのない横浜・みなとみらいの景色に終始興奮していると、桜木町駅が見えてきました。片道約5分の空旅も終盤に。

 

交通手段もアトラクションも。横浜を気軽に空旅!


運河パーク駅 → 桜木町駅ルートは、JR桜木町駅や市営地下鉄がすぐなので、電車利用時におすすめ! 仕事の時、この距離をどう移動するかが悩ましかったので、便利だなと感じます。


桜木町駅 → 運河パーク駅ルートは、横浜ワールドポーターズ、横浜赤レンガ倉庫、マリン&ウォーク、横浜ハンマーヘッドが徒歩数分の距離にあるので、これからの観光コースに良さそうです。

 

交通手段にもなり、アトラクションとしても楽しめるロープウェイ。ぜひ、横浜の空旅を体験してみてください。


 

YOKOHAMA AIR CABIN/ヨコハマエアキャビン
https://yokohama-air-cabin.jp/

関連リンク

  • 5/10 9:50
  • シティリビングWeb

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます