木村佳乃「工藤静香に圧勝」の夫匂わせ!!「別格」の裏に近藤真彦「自己チュー退所」!

拡大画像を見る

 5月4日、女優の木村佳乃(45)が『バナナサンド』(TBS系)に出演し、夫でタレントの東山紀之(54)の自宅での様子について語った。

 木村は番組MCのバナナマンとサンドウィッチマンに「男の人って、私の父もそうだったんですけど、何であんなに家でしゃべらないんですか?」と疑問を呈し、「私、すごいしゃべります。朝起きてからずっと」と自身はよく話すと明かす。

 一方、東山は「すごく静かで……。すごい不思議なのが、足音がしないんですよ」と告白し、「料理してて、パッと気配を感じるともう歩いてて。“うわぁ!”ってなるんですよ」と話して笑いを誘った。

 さらに、「私がいつも“うわぁ!”ってなるので、口笛吹いたり鼻歌歌ってくれるようになったんですよ」と木村を驚かせないために、わざと音を出して近づいてくるようになったと明かし、出演者らは「優しい(笑)」と感心した様子だった。

 この人気女優とジャニーズトップの貴重なプライベートエピソードだが、話はそれにとどまらない。

「あらためて木村佳乃の“特別性”が明らかになったと言えそうです。というのは、ジャニーズタレントと結婚した女性は、その人が女優やタレントであっても夫のことをメディアで公言することは絶対タブーとされてきました。しかし、木村はたびたび番組で東山について話しているんです」(女性誌記者)

■工藤静香どころじゃないの夫匂わせ

 木村は人気バラエティ番組『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)に出演するにあたって、東山に「どうしたらいい?」と相談したと明かし、東山から「なに言っているんだよ、全部やるんだよ!」とアドバイスを受けたと話している。

 また、2017年4月放送の『あさイチ』(NHK総合)に出演した際も、木村は「バラエティ、女優、歌手とやっていくなら、全部全力投球でいけ。やるなら芸人さんと一緒になってやって、それができないなら出ないほうがいい」と言われたことも明かしている。

「これだけ夫のエピソードを話すジャニーズタレントの妻というのは前代未聞です。もはや、“東山紀之”という名前を出さないだけで、普通に話していますよね。これは他の“芸能人妻”とは全く異なること。

 たとえば、V6の井ノ原快彦(44)と結婚した瀬戸朝香(44)も公の場で夫について語ることはなく、直撃取材も絶対スルーなんですよね。

 ただ、木村拓哉(48)の妻・工藤静香(51)もSMAP解散騒動が巻き起こった際、“キムタクの妻”として『FRIDAY』(講談社)の取材に対して、“私たちは悪いことなんてしていない”、“私たちだけがどうして悪者にされるの!?”と不満を漏らしていましたよね」(前出の女性誌記者)

 このときには、マスコミの間で「静香がジャニーズのタブーを破った」と話題になったという。

「しかし、これ以降は静香も、インスタグラムなどで夫の存在を匂わせることはあっても、公の場で夫について語ることはありません」(前同)

 ジャニーズ内部でも、木村佳乃は“静香超え”で別格だということなのだろうか。

「静香もジャニーズ事務所のメリー喜多川名誉会長や藤島ジュリー景子社長とは良好な関係を築いているといいます。ただ、それ以上に木村佳乃はいい関係なのかもしれませんね。また、マッチが退所したことで、名実ともに東山がジャニーズのトップになったことも大きいでしょう」(芸能プロ関係者)

■自己チュー退所を「薄っぺらい」!

“ジャニーズの長男”こと近藤真彦(56)が、4月30日付でジャニーズ事務所を退所した。

 近藤については2020年11月に『週刊文春』(文藝春秋)が25歳年下の女性との5年にわたる不倫関係をスクープ。以降、近藤は芸能活動の無期限自粛という処分を下され、今年4月中旬に本人から申し入れがあり、同月末をもって退所することになったという。

 5月2日、東山はメインキャスターを務める『サンデーLIVE!!』(テレビ朝日系)に生出演し、近藤の退所に言及。

「退所の仕方について大きな疑問が残る」とし「後輩たちにもファンにも説明がなかった。それは説明をしたくなかったのか、することができなかったのか、それともこれからするのか、どういうふうになっていくのかは見ていく必要がある」と厳しい表情で語った。

 また、「僕らはたくさんのファンの人たち、スタッフの人に支えられていますから。それと向き合うというのは礼儀の1つだと思う」と続け、さらに「マッチさんのために、自分自身を犠牲にして助けてきたスタッフの方をたくさん知っている。その人たちの思いは、マッチさんはどう受け取っているのかなって。退所のコメントでも、すごく薄っぺらく感じるんですね」と突き放すようにコメントしたのだ。

「つい最近までジャニーズのトップタレントだった近藤に対して、これだけ厳しいことが言えるのは東山だけではないでしょうか」(前出の芸能プロ関係者)

■“長男”昇格の夫のパワーをバックに語りまくる!?

 芸能マスコミ関係者からは近藤に対しては「やはり会見なりすべきでは」といった不満の声が出ているという。

「近藤が退所したことで、事務所に所属しているときよりもフットワークが軽くなり、会える機会が増えるかも、と喜んでいるマッチファンも一部にはいるようです。5月末に開催されるレースに近藤が顔を出すという話もあります。こういったファンのために芸能活動やレースを続けていくのでしょう。

 要するに、今後は芸能活動をメインで生きていくわけではない。だから近藤は、“会見もする必要はない”と考えているのかもしれません」(前出の芸能プロ関係者)

 そんな近藤の姿勢に、東山も怒りを感じ「薄っぺらい」と突き放したのかもしれない。

 前出の芸能プロ関係者は続ける。

「今や、タレントの格としては東山よりも木村拓哉のほうが上かもしれません。ただ、ジャニーズ内の序列では近藤に苦言を呈することができる東山が上。そして東山の妻である木村佳乃もジャニーズ内では別格です。だからこそ、特例的に番組で佳乃は東山のエピソードを語れるのでしょうね。今後も、彼女の口からは、“ジャニーズの長男”の意外なエピソードが飛び出てきそうです」(前同)

“別格”な木村佳乃に支えられ、長男・東山が新生ジャニーズをけん引する!?

関連リンク

  • 5/9 7:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます