「幼児が産まれましたよ」と医師 5840gの赤ちゃん誕生で母仰天(英)

拡大画像を見る

英オックスフォードシャー州アストンに住むアンバー・カンバーランドさん(Amber Cumberland、21)は先月16日、オックスフォードにあるジョン・ラドクリフ病院で長女エミリアちゃん(Emilia)を出産した。

エミリアちゃんは誕生時の体重が5840グラムもあり、医師はショック状態で互いに顔を見合わせ、笑いながらアンバーさんにこう言ったという。

「おめでとうございます。幼児が誕生しましたよ。」

アンバーさんは「夫スコット(22)を見ると、顔面蒼白でした」と当時を振り返り、長女の妊娠から出産までのエピソードを次のように明かした。

「エミリアは私が妊娠32週の時にはすでに、妊娠36週の胎児と同じくらいの大きさでした。医師には『超音波検査では1人しか確認できませんが、もしかしたら双子かもしれませんね。きっとどこかに隠れているのでしょう』と言われ、大きなお腹を抱えてスーパーに行くと必ず、『まあ、大きなお腹ね』と話しかけられたのです。」

「私のお腹は妊娠線が酷く、ゆっくりと立ち上がらないと伸びきった皮膚から出血するほどでした。またおしりから下肢にかけての坐骨神経痛が酷く、ベッドで寝返りを打つことができなくなりました。それだけではありません。腹筋が肉離れのような状態になり、医師には『これほど酷いケースは見たことがない』と言われたのです。」

「エミリアは出産予定日から2週間近く経っても出てくる様子はなく、私は出産を早めようとネットでリサーチし、生のパイナップルをたくさん食べたり、エッセンシャルオイルを使ったり、鍼治療にまで行ったのです。」

「最後は陣痛促進剤を使ったのですが、スコットはコロナ禍でギリギリまで入室が認められず、病院の駐車場で42時間も待機させられました。結局は緊急帝王切開でエミリアが誕生しましたが、あまりの大きさにエミリアを取り上げるにはスタッフ2人が必要だったようです。」

こうして誕生したエミリアちゃん。アンバーさんは娘が可愛くて仕方ないとのことで、こんなふうに語っている。

「出産後1週間すると、ようやく身体が回復していくのを感じることができるようになりました。今では夫と一緒に、エミリアが生まれてきてくれたことの喜びを噛みしめています。」

画像は『The Sun 2021年5月1日付「WHOAH BABY First-time mum gives birth to 13lbs baby girl after her bump was SO big doctors thought she was having twins」(Credit: Mercury)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

関連リンク

  • 5/9 5:00
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます