今野浩喜出演「最高のオバハン」に残念がる声と先輩芸人からの厳しい指摘

拡大画像を見る

 2018年4月から放送中の、大地真央演じる「凛とした女将さん」に「今野!そこに愛はあるんか?」と言われるアイフルのCMで、「板長・今野」を演じて多くの人々から顔と名前を覚えられたであろう、今野浩喜。2015年末までお笑いコンビ・キングオブコメディとして活動し、2010年には「キングオブコント」で優勝していたことを忘れてしまうほど、今や役者として売れっ子状態だ。

 放送中のドラマ「最高のオバハン 中島ハルコ」(フジテレビ系)では、CMで共演している大地とドラマ初共演。CM以外で「女将さん=大地」と「板長=今野」がどんな絡みを見せるか期待していた人は多かったようだが、放送済みの第3話までに2人が同じシーンで絡むことはなし。ネット上には「このままだと今野と女将さんが同じシーンに出ることはなさそう。残念!」「せっかく初ドラマ共演なのに同じ画面に2人が収まるシーンが見られないとは何事だろうねぇ」「今野と女将さんのかけ合いを見たいのに、どうしてこうも別々のシーンばかりなの?」など、2人の共演シーンがないことを残念がる声が数多く書き込まれている。

「世間では愛あるツッコミをされている今野ですが、4月14日放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ系)ではお笑いコンビ・オアシズとして出演していた同じ事務所の先輩である光浦靖子と大久保佳代子に、VTR出演している様子にガチのダメ出しをされていました。というのも、この日の放送のメインゲストは大地。今野はVTRで大地についての質問に答えていたのですが、その時の様子が芸人らしさゼロだったんです。どっしりと椅子に座り、聞きとりにくい小さな声で、ぽつりぽつり話す今野を見た光浦が『ぬるぬるしゃべっててダメ』とダメ出しすると、大久保は顔色を変えて『あいつダメだな。芸人の肩書きあるのに。芸人ならもっと声張って、前のめりになるとかあるでしょう』と真剣な表情を浮かべていましたから、その後今野は芸人の先輩2人から絞られたかもしれません」(テレビ誌ライター)

 食事の友社の雑誌「グルメシ!」の編集長・尾石初郎(おいしういろう)を演じている今野。大地演じる中島ハルコとの同じシーンでの共演は、果たして今後あるだろうか。

関連リンク

  • 5/8 18:14
  • アサジョ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます