【ネタバレあり】長瀬智也さん主演の映画『空飛ぶタイヤ』のあらすじ&みどころまとめ

拡大画像を見る

2018年に公開された長瀬智也さん主演の映画『空飛ぶタイヤ』は、池井戸潤さんの社会派小説を初めて映画化した作品。長瀬智也さんは、大企業の闇に立ち向かう中小企業の社長を演じています。豪華キャストが魅力の映画『空飛ぶタイヤ』のあらすじ&みどころをご紹介します!

映画『空飛ぶタイヤ』は池井戸潤さんの小説が原作

映画『空飛ぶタイヤ』の原作は池井戸潤さんの社会派小説。2009年に仲村トオルさん主演でWOWOWでドラマが放送され、2019年に長瀬智也さん主演で映画化されました。

池井戸潤さんの小説が映画化されたのは初めてで、主演の長瀬智也さんをはじめ豪華キャストが集結。絶対に起きてはいけない事故を題材に、大企業の闇や事故の真実を求めて中小企業の社長が闘うストーリーになっています。

衝撃的な最終回で終えたドラマ『俺の家の話』で長瀬智也さんの演技を見て「これが最後のドラマなんて信じたくない」「長瀬さんの男気溢れる演技をもっと見たい!」という方にはおすすめの作品です。

映画『空飛ぶタイヤ』概要

映画『空飛ぶタイヤ』の監督、脚本などは下記の通りです。

<映画『空飛ぶタイヤ』概要>
・公開日:2018年6月15日
・上映時間:120分
・監督:本木克英
・脚本:林民夫
・原作:池井戸潤『空飛ぶタイヤ』
・主題歌:サザンオールスターズ『闘う戦士たちへ愛を込めて』
・主演:長瀬智也

監督は『釣りバカ日誌イレブン』や『鴨川ホルモー』『超高速!参勤交代』などを手掛けた本木克英監督。

脚本は『チア☆ダン~女子構成がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』や『糸』を手掛けた林民夫さんです。秋には林民夫さんが脚本を務め佐藤健さんや阿部寛さんが出演する映画『譲られなかった者たちへ』が公開されます。

空飛ぶタイヤ

空飛ぶタイヤ

2018年/日本/120分

作品情報 / レビューはこちら

映画『空飛ぶタイヤ』のキャスト

映画『空飛ぶタイヤ』のキャストは下記の通りです。

・赤松徳郎:長瀬智也
・沢田悠太:ディーン・フジオカ
・井崎一亮:高橋一生
・赤松史絵:深田恭子
・高畑真治:寺脇康文
・榎本優子:小池栄子
・門田駿一:阿部顕嵐
・小牧重道:ムロツヨシ
・杉本元:中村蒼
・柏原博章:木下ほうか
・柚木雅史:浅利陽介
・柚木妙子:谷村美月
・北村信彦:矢野聖人 他

映画『空飛ぶタイヤ』はなんといってもキャストが豪華!

上記に掲載したキャスト以外にも佐々木蔵之介さんや岸部一徳さんなど、数々のドラマや映画で活躍している主役級の俳優陣が集結していて見ごたえ十分です。

映画『空飛ぶタイヤ』のあらすじ(ネタバレなし)

ある日トレーラーの脱輪事故が発生。

整備不良を疑われた運送会社社長・赤松徳郎(長瀬智也)は、車両の欠陥を疑い製造元の大手自動車会社であるホープ自動車カスタマー戦略課課長・沢田悠太(ディーン・フジオカ)に再調査を要求する。

同じ頃、ホープ銀行の本店営業本部・井崎一亮(高橋一生)は、グループ会社のホープ自動車の経営計画に疑問を抱き独自で調査を開始。

それぞれが突き止めた先にあったのは…。トレーラーの脱輪事故は事故だったのか事件なのか。


たった一瞬の出来事でなにげない日常が変わってしまう恐ろしさや、大企業の闇、中小企業の苦悩などが描かれている作品です。

次のページで見どころをご紹介しますが、一部ネタバレが含まれるためまだ見ていない場合でネタバレは見たくない場合はぜひ先に作品をチェックしてみてください!

この商品の販売サイトをチェック

出典:Amazon(https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81nx64fouHL._SX450_.jpg)

詳しく見る

【ネタバレあり】映画『空飛ぶタイヤ』のみどころ

【見どころ①】豪華キャストが集結!

映画『空飛ぶタイヤ』のみどころは、なんといってもキャストの豪華さではないでしょうか。

重要な役どころの佐々木蔵之介さんが数分のシーンにしか出演していなかったり、ドラマ『相棒』シリーズの初期に出演していた寺脇康文さんが刑事役で出演していたりとドラマ好きにはたまりません。

また、大手企業のサラリーマンとして出演しているディーン・フジオカさん高橋一生さんはスーツ姿はかっこ良く、長瀬智也さんのジャンパー姿は新鮮です。

長瀬智也さん演じる赤松徳郎の独特な威圧感や頑固さ、諦めずに立ち向かう姿もかっこ良く、妻役の深田恭子さんとのやりとりも魅力的でした。

【見どころ②】リアリティがある作品

ストーリーは正直かなりモヤモヤします。浅利陽介さんが演じる、被害者の夫・柚木雅史が怒るシーンは「ごもっとも!」と思わず言いたくなりました。

何も知らないと、一見ファンタジーのようにも見えるタイトルですが内容はとても重く、リアリティーがあるので恐怖すら感じてしまいます。

とはいえ大企業の闇に切り込んだり、大企業vs中小企業の闘いという点では『半沢直樹』シリーズなど池井戸潤さんの作品らしさも彷彿させる作品です。

企業の体裁・自分の地位を守るために真実をもみ消そうとする上の立場の人間と、それぞれの立場で信念を持って真実にたどり着こうとする男たちとの闘いは見ごたえがあります。

映画『空飛ぶタイヤ』を見た後は小説・ドラマもチェック!

映画『空飛ぶタイヤ』はキャストの豪華さや、長瀬智也さんの演技を見れるという点ではおすすめの映画です。

全体のテーマは重く、ドラマ『半沢直樹』シリーズのようにギャフンと言わせて、最後はスッキリする!というストーリーではありません。

しかし大企業vs中小企業の闘いという点では、池井戸潤さんの小説を実写化した作品らしさがあります。

原作を読んでいなくてもわかりやすい作品なので、池井戸潤さん原作のドラマや映画が好きという場合にはぜひチェックしてみてください。

関連リンク

  • 5/7 17:00
  • 映画board

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます