瀕死のテレビ業界!有田哲平「地獄の1日19本撮り」と「残酷芸人ギャラ」暴露

拡大画像を見る

 5月5日深夜にラジオ『くりぃむしちゅーのオールナイトニッポン』(ニッポン放送)が放送された。同番組は05~08年までレギュラー放送されていて、16年以降は復活特番として不定期に放送。今回は、20年9月23日以来およそ8か月ぶりの放送となった。

「有田哲平(50)の“コロナウイルスが収束しない”という話から、5月7日が上田晋也(50)が誕生日だが、プレゼントを買うにもコロナ禍で店が開いてない、景気が悪い、というトークに発展していきました。そこで、有田が最近自身が経験した驚きの不景気エピソードを明かしたんです」(女性誌記者)

 有田は、上田とコンビで行っている仕事はゲストも減っていないし、テレビ局が逼迫している感じはないとしたうえで、「ある番組が、体系が変わりまして」と、有田が単独で出演している番組について語りはじめた。当初こそ名前を伏せていたものの、トークの最後で、話題になっているのが『有田ジェネレーション』(TBS系)であることが判明した。

「有田はスタッフの“すみません、予算の都合で派手に行けないんですけど…”という打診も気にせずに受け入れたんですが、通常であれば2、3本をまとめて収録するところを、なんと19本もまとめて1日で撮影させられたというんです。しかも、1回のトークを分割するというわけではなく、すべて独立した回として撮影しており、毎回“さぁ始まりました!”から19本撮らなければいけなかったそうです」(前同)

■収録を強引に打ち切るスタッフの力技

『有田ジェネレーション』は、今年3月23日(22日深夜)に地上波放送が終了し、4月19日から動画配信サービスParaviに移行。地上波では後継番組として有田MCの『賞金奪い合いネタバトル ソウドリ〜SOUDORI〜』が放送中である。

「有田が話していたのは、Paravi配信版だと思われます。シーズン1の配信当初から“全19回”と記載されていますからね。現在、第7回まで配信されていますが、言われてみると有田と進行役のバイきんぐ・小峠英二(44)が、徐々に元気がなくなっているように見える(笑)。第1回の時点で、ペース配分を考えていつもよりテンションを落としているようにも見えます。しかしまさか、1日で撮っていたとは……」(前出の女性誌記者)

 第1回が15分で、第2回以降は23分。全19回なので単純計算で15+23×18で、放送された時間だけでも430分(7時間16分)。実にハードワークだ。撮影は昼頃からスタートし、23時ごろまで続いたという。

「タイムキーパーさんみたいなのがいて。2、30分くらいになったら“止めてくれ!”ってなるわけですよ」と、ほとんどが「完パケ」と言われるすぐに放送できる状態で撮影していたことを明かした有田だったが、「ビックリしたこと」として、ある事件を明かした。

 それは、ゲストとのトークが盛り上がっている最中、終了時間を告げられた際のこと。

「カンペ出るわけですよ。“締めてください”って。でも、盛り上がってるから。生放送じゃないし、いいじゃん。カットすれば」

 と流れを考えて、トークを続けた有田。通常の収録ではよくあることで、話の区切りがつくところまで会話を続けて、編集の際にキリのいいところカットするのが一般的だ。しかし、その現場では、有田が会話を辞めなかったところ、なんと『蛍の光』が流されたという。これには有田も「こんな手段使うんだ!」と驚いたという。

■ギャラ事情も明らかに

「19本撮りというスケジュールだけに、収録が延びることを絶対阻止する、というスタッフの悲壮な覚悟が感じられますね。有田はその日のことを喉もガラガラになり、17本目くらいで完全に疲れてしまい、いつもだったらなるべくゲストを深掘りしようと頑張るところを、“小峠、何かあるか?”“ないです”“じゃ、以上です”と、トークが盛り上がらなくなってしまったことを“申し訳なかったと思うけど、そうならざるを得ないくらい(の疲れ)だしね”としていました」(前出の女性誌記者)

 また、「あまり大きな声で言っていいのかわからないけど」としつつ、別の「とある番組」についても、有田は不景気を感じさせる裏話を披露。

「ある制作会社で行なわれた収録で、有田がファイルを人に渡す、という場面があったんですが、チラリと有田がファイルを見ると、なんと中身がタレントのギャラ表だったそうです。“なんでそんなの渡したのか知らないけど”と言っていましたが、イヤでも中身が見えてしまったらようで、“安い。いま……”と、ギャラが非常に低かったことを告白していました」(前同)

■ノブコブ徳井は月32万のことも

 知っている芸能人のギャラが「こ、この人こんななの!?」と驚くほどの格安だったらしく、有田は上田が「おいおいもうちょっと仕事しろよ!」「何しに来た、帰れ!」とそのタレントをイジっていたことを思い出し、「これだったら、言われてもしょうがないよ」と、手も抜きたくなるだろうな、と同情する様子を見せていた。

「ちなみに、昨年11月の吉本興業の動画配信サービス『JOOKEY』内の『酒と話と徳井と芸人』という動画で平成ノブシコブシの徳井健太(40)と鬼越トマホークが明かした情報によると、“単価は人によって違うけど、深夜が1(万円)、ゴールデンが3(万円)から5(万円)”と明かし、1週間に深夜4本とゴールデン1本に出演しても、1か月32万円の稼ぎだと明かしています」(前出の女性誌記者)

 テレビで名も顔も通っている徳井や鬼越トマホークでさえこのギャラ水準。有田の19本まとめ撮りといい、コロナ不況はテレビ局と芸人を直撃しているようだーー。

関連リンク

  • 5/8 7:40
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • 普通ちゃう。芸能人やから高く無いとアカンなんて固定観念( ̄ー ̄)月32万以下なんて会社員でも、ざらにいますから( ̄^ ̄)

記事の無断転載を禁じます