岩国の蔵元・村重酒造の「必勝酒」と白崎八幡宮の「必勝守」がセットで発売


山口県岩国市の村重酒造から、城下町岩国で770年以上の歴史を誇る弘中三河守所縁の神社・白崎八幡宮にて祈願した「白崎八幡宮の必勝酒」と、勝利の運を呼び込むように祈願された白崎八幡宮の「必勝守」のセットが登場。5月10日(月)より、村重酒造公式サイトまたは村重酒造直売店などで発売される。

必勝酒と必勝守のセット販売

「白崎八幡宮の必勝酒」は、酒処として有名な岩国で古くから地元で愛されてきた蔵元・村重酒造の新酒に、勝利運やコロナウイルスなどの悪疫退散の祈願がされた純米酒。


今回セットで販売される白崎八幡宮の「必勝守」は、京都にて奉製され、白崎八幡宮にてスポーツや試験などの勝利の運を呼び込むように祈願されたお守り。勝利の象徴である龍と虎があしらわれており、世界でも活躍する有名なプロスポーツ選手も身につけていたことがきっかけとなり、全国の各種メディアにも取り上げられている。


「白崎八幡宮の必勝酒」は<赤><黒>の2種類があり、「白崎八幡宮の必勝酒(必勝守付)」はそれぞれ2,530円(税込)。「白崎八幡宮の必勝酒」のみの価格は各1,650円(税込)。容量は720ml。アルコール度数は15度。

「白崎八幡宮の必勝酒」は、コロナウイルスに打ち勝つような明るい話題を探している際に、白崎八幡宮の「必勝守」がメディアに取り上げられたのを見た村重酒造社員が“必勝のお守りにあやかり、必勝のお酒を作ったら面白いのでは”と考えたことが誕生のきっかけだという。勝負事のゲン担ぎ、コロナウイルスなどの悪疫退散を願う人にぴったりのセットを、チェックしてみて。

画像をもっと見る

  • 5/7 18:11
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます