北川景子“咲”、白洲迅演じる“恋愛のカリスマ”の担当を命じられる

拡大画像を見る

北川景子と永山瑛太が夫婦役で共演するドラマ『リコカツ』(TBS系、毎週金曜22:00~)の第4話が、5月7日に放送される。

現代的で自由な家庭で育った自分に正直な女性・水口咲(北川)と、厳格な自衛官一家で育った航空救難団のエース隊員・緒原紘一(永山)が“交際ゼロ日”でスピード結婚。そんな2人を中心に、現代ならではの価値観と時代が変わっても普遍的な男女のもめ事を「リコカツ」というキーワードを通じて描き出す“離婚するかもエンターテインメント”。

先週放送された第3話で咲と紘一は、紘一の母・薫(宮崎美子)が箱根の旅館で働いていることを突き止め、さっそくその旅館へ向かう。そこで咲は薫から紘一が咲には明かしてなかった「結婚した本当の理由」を聞いてしまう。インターネット上では「とても素敵」「めちゃくちゃ良い」「離婚は諦めて」といった声が寄せられた。

<第4話あらすじ>
咲(北川)は紘一(永山)が自分と結婚した理由を知り心を打たれ、紘一も自分を理解してくれている咲のことを愛おしく思う。紘一の実家の騒動を機に、初めて気持ちが通じ合えたふたりだったが、箱根旅行から新居に帰宅すると、そこには咲の元カレ・青山貴也(高橋光臣)の姿が!

咲が母・美土里(三石琴乃)を問い詰めると、弁護士である貴也に自分の離婚を相談するため呼び出したらしい。しかも驚くことに、紘一と貴也が同じスポーツジムに通っているという。紘一が咲の夫だと知らぬまま、元カノとの話をしていた貴也は凍り付く。紘一は、咲はもちろん美土里や咲の姉・鹿浜楓(平岩紙)ら、家族とも親密そうな貴也の様子に心をいためる。ようやく心が通じたかに見えた咲と紘一だったが、またもや距離ができてしまい……。

翌日、咲は異動先の文芸部に初出勤し、小説家・水無月連(白洲迅)の担当を命じられる。連は若者に絶大な人気がある“恋愛のカリスマ”だ。しかし、その言動は身勝手極まりないもので、異動して早々に仕事にも暗雲が立ち込めていた。一方、紘一は紘一なりの思いで、咲との離婚を真剣に考え始めていた。

そんな中、美土里が自分の誕生日パーティを咲たちの新居で開くことを勝手に決め、咲や紘一に内緒で周囲に招待状を送っていたことが判明。パーティには貴也も招かれていて、咲と紘一、貴也は微妙な距離を保つ。さらには紘一に思いを寄せる一ノ瀬純(田辺桃子)もやって来て……。

関連リンク

  • 5/7 6:00
  • テレビドガッチ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます